2010ウィンターシリーズ ロードレース大会第2戦@日本CSC

ブログランキングに参加しています。(現在20位)
ぽちっとお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ

出てきました。
いや~、厳しいコンディションでした。。。

前回の第1戦同様、チームメイトのやまけいさんと一緒に行きました。

朝起きたら雨・・・
予報通り。
でもまぁ、現地着いたらきっと止むはず・・・?

予定通り、8時50分頃に修善寺の日本CSCに到着。
けっこうな雨です・・・(-д-;)
気温4℃です。
なんだかもう、テンションはダダ下がり↓↓↓

とりあえず外に出る気もせず、眠かったので10分ほど仮眠。
「このままDNSで、天気よくなるまで寝てそれから練習でもいいかも・・・」とか話しつつ(笑)

でもまぁ、せっかくなのでレース出ることにしました。
月曜~土曜まで強制ノーライドになってしまったので、脚はピチピチのフレッシュ状態でした。

本日のだじゃBMC with だじゃフォレスター
b0092300_22375163.jpg

アップとして、1周だけ試走しました。
b0092300_22375823.jpg

寒い。。。(-д-;)
おまけに風も強い。
運の悪いことに、2箇所ある登り区間が向かい風です。

スタートライン前でのアップ風景。
b0092300_2238530.jpg

しかしまぁ、気温4℃・冷たい雨・強風という、およそ自転車乗るには最悪のコンディション。
それでも、出る人がいるもんです。
みんな好きだなぁ(笑)

試走時はレインジャケット着てたけど、レースでは脱いだ。
上は長袖アンダー+薄手長袖チームジャージ。
下はパッドなしロングタイツ+チームパンツ。

Cクラスは10時3分にスタート!

1周目はあまり前には上がらずに、20番手くらいを走行。
下りは特に慎重に。
グリップ感を確かめつつ。

2周目あたりから、徐々に集団の人数が減ってきた。
まだ、先頭集団に食らいついていたけど、徐々に4人くらいが抜け出していきました。
緩やかな長~い登り部分で強い向かい風。
登りなのに、集団は1列棒状になってました。

3周目くらいに、前の4人から1人が抜け出していった。
それを追う3人。
その30秒以上後方で、自分を含む5位集団。
5位集団は5人以上いたかな?
前のBクラスの人も多く混じってたので、合計10人以上の集団になってた気がする。

3周目くらいになると、雨の下りの感覚もつかめてきた。
慎重なのは変わりないけど、それなりに速度を乗せて、下りで後続を離すこともできるようになった。
ドライだとほとんど差は出ないけど、ウェットだと差が出やすいようです。

ラストの4周目・・・相変わらず5位集団。
なぜか、自分がその先頭を延々と引いてました。
後ろを振り返っても、誰も前に出ようとしない。
仕方ないので、マイペースでそのまま走行。

長い登りを登りきったあたりで、後ろにいたCクラスの人がようやくペース上げて前に出てきた。
離れないように下りで追従。

最後のゴール前の登り・・・みんなペースアップ!
前に見えるのは、自分を含めて5人くらい。
相当、もがきました。
1人抜いて、5位集団の4番目くらいでゴール。

リザルトまだ出てないけど、たぶん8位くらいでしょうかね~。
うぅぅ、あと一歩で入賞だったのに~!
またしても逃してしまいました。
やまけいさんは不調で、少し遅れてゴール。

今回はCクラスは76人のエントリーでした。
そのうち何人がDNSかわかりませんが・・・

■レース記録
時間: 0:42:04
距離: 20.03 km
最高速度: 63.6 km/h
平均速度: 28.6 km/h
平均心拍数: 173
最大心拍数: 181
平均ケイデンス: 84

ラップタイム
10:34.6
10:24.0
10:34.1
10:30.9

前回より1周1分くらい遅い。

===

しかし寒すぎでした。
レース中は寒さを感じることはなかったけど、気付いたら腕の感覚がなくなってました。
指先の感覚も麻痺して、シフト操作もままならず。

全身ずぶ濡れで、ゴール後はリアルに
((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
してました。

レース後に周辺道路で練習する予定だったけど、ビショビショなので中止。
さっさと引き上げました。

帰り道、津波警報との情報が・・・。
海沿いの有料道路は軒並み通行止め。
仕方ないので、伊豆スカイライン経由で帰ることに。

箱根で、ピーカンな晴れ間が見えてきた!
大観山で記念撮影。
b0092300_22381183.jpg

うぅぅ、雨上がるのがあと1時間早まればよかったのに。。。
結局、明るいうちに帰れたので、帰ってから尾根幹方向へ36kmくらい走りに行きました。

===

レースの反省は・・・
なんか最近、同じパターンです。
最終ラップくらいで前引かされて、最後にもっていかれる感じ。
ついつい、バカ正直に前に出てしまうのがいけない。
もっとズル賢くならないと。
ロードレースは、「いかに楽するか」ですね~、やっぱり(^_^;)


※追記
正式リザルトでは、8位/出走52人でした。


人気ブログランキングへ
[PR]

  by dajakart | 2010-02-28 23:40 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://dajakart.exblog.jp/tb/12917964
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by つっち~ at 2010-03-03 01:36 x
寒い中、乙カレーさまでした。雪じゃなかっただけでも、よかったですね。
ロードのタイヤは溝がないから、カートのドライタイヤで濡れた路面を走るような感じでしたっけ?
どうやら、最後のヨーイドンのスプリント勝負が主流みたいですね。
タイムから逆算して、一定のペースで『逃げる』戦法は、通用しないっすよね~?
Commented by dajakart at 2010-03-04 01:00
つっちーさん

あとちょっと気温低かったら、雪だったかもしれません・・・。

ロードでの雨走行は・・・タイヤにもよりますが、意外とグリップしますよ。
カートのレインタイヤで雨走行する感じかな?
ロードタイヤは細くて面圧が高いので、溝がなくても水を除けて常に接地しています。

ロードレースの場合は、空気抵抗の少ない集団内で走った方が圧倒的に楽なので、平坦レースだと集団から最後にスプリントになります。
単独逃げは難しいです。
登り主体のコースだと脚力差が出るので、空気抵抗あまり関係なく、バラけやすいのです。

<< 2月の走行 Rudyのサングラス >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE