2010 第7回 Mt.富士ヒルクライム

ブログランキングに参加しています。(現在20位)
ぽちっとお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ

第7回Mt富士ヒルクライム、出てきました。
レポートです。

Mt富士は、去年、初めてのヒルクライムの大会として出ました。
そのときの記録が1:16:36。
1年でどれくらい成長したかを測る場でもあります。

今年は念入りに、3回も試走してしまいました。
1時間16分、14分、15分というタイム。
直前の記録が決戦用TIMEで15分だったので、こりゃ10分ていう目標はムリぽ・・・と思ってました。

■前日
前日土曜は、BearBellなメンバーで15時に会場集合。
が、まったり起きたら一人大幅遅刻(;´・`)>
会場周辺は渋滞してたし・・・(言い訳)

雨が降ってました。
受付して、そそくさと退散。

メシは、小作でほうとう。
辛口豚肉ほうとう。
b0092300_094343.jpg

宿は、表富士に続いてKOHさんの会社別荘に泊まらせてもらいました。
総勢7名くらい。
ここは、北麓公園から自転車で15分という絶好のロケーション!
自然にあふれてるし、最高の場所でした。感謝です。

河口湖近くの温泉に入って、スーパーで買い物して。
いろいろ準備とかしてたら遅くなってしまいました。
22時過ぎに就寝。

食後、温泉で測った体重は62.8kgでした。

■当日
途中何度か目が覚めてしまい、あまり深く眠れず・・・。
3:30起きだったので、5時間ちょいしか寝られなかった。

朝食はバナナ、団子、アンパン少しをジュースで流し込む。
ヒルクライムの朝はいつもこのくらい。

4:30過ぎにローラーでアップ開始。
b0092300_094917.jpg

森の中でローラー。
なんという贅沢でしょうか(笑)

本日のだじゃTIME
b0092300_095648.jpg
いつもの、ヒルクライム仕様です。

会場まで、皆で自転車で移動。
会場入りは5:30過ぎ。

朝はちょっと寒かったので、ギリギリまで荷物預けるのを待って、防寒着を着ていました。

それにしても、人が多いです。
b0092300_010235.jpg

階段の上から見ると、もう、人・人・人。
自転車の総額は何億にもなるんでしょうねぇ・・・

■レース
第3スタートでした。7:05スタート。
脚が揃ってるBearBellメンバーでかたまってスタートです。
マスドレースではないので、スタート順にそれほど気を使わなくていいのが楽です。
マスドなら血眼になって前列を目指さないといけないので。。。

公園を出て、計測開始ポイントまではまったりと。
途中、「最後の軽量化」とばかりに道端で用を足してる人がいます。
自分もしたかったけど、ここですると置いていかれてしまうので・・・(^_^;)

信号を左折してから、みんなペースアップ!
やまけいさんがここで一気にロケットのようにペースアップ!
ここは見送ります。

料金所を過ぎて、pmaさんがいいペースで引いてくれるのでついていきました。
スタート直後は、同組スタートと言えどペースが違う人たちを抜くのが大変。
道いっぱいに広がってるので、声をかけて右端をなんとかすり抜けていく感じ。
こういうのがあるから、TTといえど前からスタートした方がいいのかな。

しばらくすると、自分が前へ。
後ろは見てないけど、KOHさんやタマキひろしさんもついてきてるはず。

そのうち、いいペースで走ってる人を発見したのでついていきました。
見ると、PowerTapです。
ピッタリついてると、Edge500で人様のパワーをしっかり拾ってました(笑)

休んでいたやまけいさんもこの列車に連結した模様。

心拍を見ると、170台後半。
自分的には高い方。
でも、不思議と呼吸は苦しくない。
調子がいいのかな?

この列車から、やまけいさんがしびれを切らした様子でペースを上げて飛び出していきました。

そのうち、PowerTapの人についていけなくなり、離れました。
pmaさんはしっかりついていっていた。
pmaさん、好調の様子で軽快に登っていきます。
中切れしかけたけど、気合でまたpmaさんの列車についていきました。

いつも強いKOHさんとタマキさんが来ない。
そんなはずはないな~と思ってたら、3合目付近でKOHさんが上がってきました。
いいペース。
pmaさんと共に、ペースアップを図ります。

そこにしばらくついていったのですが・・・そのうち垂れてきて、千切れてしまいました。

そこから4合目まではほぼ単独走。
同じようなペースの何人かと、抜いたり抜かれたり。
列車にはなってなかった。

垂れてたので、ペース落ちてました。
あぁ、こりゃもうダメかも・・・と弱気になっていた頃。
心拍も165くらいに落ちてきた。

が、4合目下の駐車場まで来ると、けっこう回復してきました。
ここで再度ペースアップして、一緒に走ってたプチ集団から抜け出します。

ちょうどその頃、後ろからちょっといいペースの列車がやってきました。
迷わず、乗車!
5人くらいの列車だったかな。

4合目上の急な部分も、いいペースで登っていきます。
しんどかったけど、ここはガマン!
ついていきます。

平坦区間に入ると、さらに列車が肥大化。
ふと見ると、先に行ったはずのKOHさん発見!
声をかけると、ビックリした様子。
しめしめ(笑)
「負けます~(>_<)」と弱気のKOHさんでした。

平坦では最高39.9km/hでした。
割と余裕があったので前に出ようかとも思ったけど、ここで出てもいいことはないので後ろでガマン。
トンネル抜けたあたりで何人か飛び出したけど、まだガマン。
先に飛び出した人が垂れてくるのを尻目に、残り300mくらいで一気にペースアップ!
重めのギアを踏む踏む!
集団では先頭でゴールできました。

結果・・・
1:08:21
でした!

ピーカンでした。
b0092300_0101779.jpg

我々は雲の上の人でした(笑)
b0092300_0102751.jpg

やまけいさんは1:06:22で、なんと30-34歳クラスで8位入賞!
pmaさんは1:07:10で10位。
KOHさんは1:08:35。
タマキさん1:12。
空次郎さん1:12。
雨蛙さん1:13。
みんな速えーっす(^_^;)

いいなぁ、表彰台・・・
b0092300_0103643.jpg
メジャーヒルクライムは格が違いますね。

その後、別荘でバーベキュー。
レース後の肉は最高です(笑)


■振り返ると
中盤、休みすぎた感あり。
最後も、出し切ったとは言えない。
ちょっと、楽をしすぎの部分がありました。
余裕を残してしまった。

タイム的には目標を大きく上回ってよかったけど・・・もっと追い込むことはできたはず。
苦しみから逃げてたような・・・。
自分には負けてた。
なので、気分的にはイマイチです。。。


■記録(手元計測)
1:08:23
23.98 km
21.0 km/h
172 bpm
88 rpm

GPS2PowerTrackによると、Avg 274W でした。
でもヒルクライムといえども、列車になることで多少は風よけの恩恵はあったはずなので(平坦区間はいうまでもなく)、実際はもうちょっと少ないはず。

■スタート~料金所
298 W / 1:27
■料金所~1合目
288 W / 15:05
■1合目~2合目
278 W / 9:44
■2合目~4合目(3合目押し忘れ)
263 W / 25:34
■4合目~5合目ゴール
262 W / 16:31


一般男子30-34歳クラスで17位でした。
去年なら、このタイムなら入賞ライン上だったけど・・・
年々、レベルアップしてるようです。
来年は5分台じゃないと入賞もできないのだろうか・・・(>_<)

※追記
■リザルト
タイム:
 1:08:21
30-34歳クラス:
 17位/675人
総合:
 56位/4668人

人気ブログランキングへ
[PR]

  by dajakart | 2010-06-08 01:24 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://dajakart.exblog.jp/tb/13424291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 雨蛙 at 2010-06-08 06:17 x
相変わらずTIMEかっこよかったですねー、思わず間違えて持ち帰りそうになっちゃいました(笑
メジャーヒルクライム大会での入賞は、実力の他に断腸の思いでも必要なモノが多いみたいですね。
それにしても速過ぎませんか?みなさん。
熊さんこんなに速かったっけ・・・?と自転車業界ピラミッドでの位置取りを想像してしまいました。あ、私が脚引っ張ってますね(笑
Commented by dajakart at 2010-06-08 22:35
雨蛙さん

TIMEちゃん、出会って一目ぼれでした。
そして今でもラブラブです(笑)
間違えて持っていかないでください(笑)

みなさん速すぎだと思います(^_^;)
みんな負けず嫌いだから、普段の練習の千切り愛の成果ですね!
これからも切磋琢磨して、もっと上を目指しましょう。
雨蛙さんも十分速いですよー(^_^)v
Commented by タマキひろし at 2010-06-09 02:40 x
皆さん速すぎです。
参加したチームメンバーの半数が1時間8分台って、どんだけ~(汗)

それでも1人しか入賞できないMt.富士HCのレベルの高さに、体中からいろんな体液が拭き出してきそうですorz

ダジャさんも来年の入賞のために、Newマシンを導入してみては?
あ、TIMEちゃんは自分がおヨメにもらってあげますので、ご心配なく(はあと)
Commented by pma at 2010-06-09 19:04 x
皆速いんですが、もうひとつすごいのはこの人数、このレベルで脚が揃うってところですよね。こんなチームは少ないんじゃないかな?このまま競争しあってると確実にレベルあがりますね。
ヒルクラもチーム対抗戦とかあったらいいのになと思います。
来年は5分台、いや5分きりましょうよ。
Commented by dajakart at 2010-06-10 00:03
タマキさん

来年はもっと底上げして、半分入賞といきたいですね!

ニューマチンですか。
まだラブラブなので別れる気は全くありませんよ!w
タマキさんも浮気なんてしてたら魔丼ちゃんに愛想をつかされちゃいますよw
Commented by dajakart at 2010-06-10 00:28
pmaさん

たしかに、いい感じに揃ってますね。
やっぱり、みんな負けず嫌いだと思います!
いい意味でのライバル意識ですね。
これからもお互いに高めあっていきましょう!(^_^)v

5分台・・・今考えるととてもムリですが、去年の時点から今のタイムなんて想像もできなかったから、がんばればなんとかなるかも・・・?

<< サドル交換と、ローラー Mt富士 速(遅)報 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE