2010 第24回Mt鳥海バイシクルクラシック

ブログランキングに参加しています。(現在17位)
ぽちっとお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキングへ

出てきました。
レポート、長いですよ。

今年はヒルクライムシリーズでエントリーしたので、せっかくなので出てみよう、というわけで。
遠路はるばる、神奈川から秋田まで行ってきました。

アクセス方法はいろいろ考えたけど、結局3人になったので、だじゃフォレスターで3人+3台で行くことにしました。
BearBellのタマキひろしさんと、大井松田カートランド自転車部部長のトミーさんと一緒。
ちなみに、だじゃフォレスターで3人+3台は初めての挑戦です。

だじゃフォレスターに3人+3台の図。
b0092300_284124.jpg
これは積むのが上達した状態の写真。
フレーム3本+ホイール3セット+人間3人+泊まりの荷物がスッポリおさまりました。
なかなかの積載能力です。

7/30(金)


会社をちょっと早退。
なんか体がダルいなぁ、と思って熱を測ったら、微熱が。。。
DNSしたかったけど、行くだけ行くことにしました。
咳もずっと出てたし、完全に風邪です。

夜9時過ぎにダジャラー邸出発。
途中、埼玉でタマキさんをピックアップ。
トミーさんと運転交代しつつ、秋田へ。

7/31(土)

意外に早く、朝5時30分に会場近くの道の駅に到着。
ここで、全員ダウン(^_^;)
30分くらい寝て、再び出発。

6時30分過ぎに会場到着。
雨がポツポツ降ったり止んだり。
建物の前にあった藤棚の下で、軽くメシを食ってから、シートとかダンボールを敷いて寝ました(^_^;)

12時くらいまで寝ようと思ってたけど、10時くらいに会場の音楽がうるさくなって目が覚めました。
放送によると、TTコース試走は13時までらしい。
お、それならもう起きて準備しないと。
睡眠は3時間くらい。

というわけで準備して、コースの試走に行きました。
輪行のやまけいさんも合流。
b0092300_281154.jpg
b0092300_28445.jpg

アップダウンのある、片道4km弱のコース。
誰かのブログで「尾根幹みたい」と書いてあったけど、(尾根幹は数回しか行ったことないけど)尾根幹よりしっかりした登りがあるような。
けっこう、脚を使います。
試走は2往復しました。

本日のだじゃTIME、TT用。
b0092300_27526.jpg
TT用と言っても、いつものヒルクラとなんら変わらないですが。
このハンドルにはTTバーがつけられないので、ノーマル。

そういえば、TTバイクは少なかったです。
埼玉TTではTTバイクの見本市のようだったんですが。
あと、TTバーつけてる人もそれほど多くなかった。
ノーマルバイクが多数派でした。

試走終了後、昼メシ。
風邪の諸症状が出てたので、風邪薬を飲んでゴマカス。
熱はない模様。

自分のスタートは15時過ぎ。
スタート台から順番にスタートしていきます。
b0092300_282162.jpg

ここから、トミースポーツの写真。
b0092300_29696.jpg
スタートするとき、台から真っ直ぐ下りられずによろけてしまったのは内緒です。

ダンシングで加速。
b0092300_291688.jpg

15秒間隔でのスタートなので、後ろに速い人がいると簡単に抜かれます。
ダジャラーの1人後ろは、高そうなLookのTTバイクに乗った人。
2.5km地点くらいで、早速抜かれました。
でも抜かれた後はペースが同じくらいに落ちたので、ペースメーカーとして利用させてもらいました。
去年の世界戦のカンチェラーラとラーションみたいですな。
(ドラフティングはしてないです。念のため)
でも、折り返してすぐに、離されてしまいました。

下り区間も踏んで、Maxは64.9km/h。

ゴールの写真。
b0092300_292671.jpg

結果は・・・
0:12:53
Cクラス 23位/115人
総合 77位/517人

でした。

前半
06:15 / 37.5 km/h / 178 bpm (max 184 bpm) / 92 rpm
後半
06:36 / 34.4 km/h / 180 bpm (max 182 bpm) / 94 rpm
Total
12:53 / 35.9 km/h / 179 bpm (max 184 bpm) / 93 rpm

後半のタレっぷりが顕著。
あ~苦しかった。
心臓が破裂するかと思いました。

15秒前にスタートしたタマキさんは、0:12:15で5位!
強い。

宿は、ヒルクライムコース上にあるユースプラトー。
メシがバイキングなのがナイス。
ヒルクライム前日なのに食いすぎてしまった。

風呂は・・・太ったオッサンが体洗わずに湯船に入るのを見て、湯船に浸かる気が100%失せました。
カンベンしてよ。。。

9時ごろ、バタンキューと就寝。

8/1(日)

5時半起床。
宿のメシは食べずに、前日にスーパーで買ったものを食べました。
ヒルクライム当日の朝食はいつもそんな感じ。

だじゃTIME、ヒルクライム用。
b0092300_282781.jpg
前日となんら変わってないけど(;´・`)>
ボトルケージも、面倒なのでそのまま。

ユースプラトーから会場までは、自走で。

会場からスタート地点までは、パレード走行。
会場では後ろの方になってしまったけど、パレード走行中にスルスルと前へ。
本スタートでは3列目くらいに並びました。

男子Cは8:34にスタート!

スタートから1km以上は平坦。
集団走行になります。
前の方をキープ。

登り区間に入っても、先頭集団に食らいつきます。
登りの序盤は、5%弱の緩い坂が続きました。
そんな場所では、集団はハイペースのまま進みます。
10番手くらいをキープ。

が、徐々にきつくなり始め・・・6km手前くらい?で先頭集団から千切れました。
後ろを見ると、後ろも切れてる。
そこからは自分のペースで。

道が狭いので、前のクラスの人たちを抜いていくのが大変です。

9kmあたりから、1km近くあるけっこう長い下りです。
頑張ってペダリングはしなかったけど、エアロポジション&スリップを使って、最高速は67.2km/hでした。

中間地点のユースプラトーを過ぎてからは、同じクラスの3-4人くらいでまとまって登ってました。
しばらくは、ちょっときつい部分(10%弱くらい)と緩い部分(5%以下)が交互に現れ、傾斜的には楽でした。

暑かったので、給水所の水が助かった。
全ての給水所で水をもらいました。
飲んで、頭からかけて。

徐々に同じクラスの人たちからも遅れ出し・・・
もう、タレタレ。

残り5kmのCP2を過ぎてからは更にタレました。
電池が切れたよう。
周りにいる、前にスタートしたクラスの人たちと同じペースにまで落ちました。
ひどいタレっぷり。
5人くらい、同じクラスの人に抜かれたかな。

CP2から先は、けっこうきつい傾斜が続きました。
タレてタレて、つらかった。

残り500mの看板が見えてからは、元気復活!(遅)
最後はちょっとだけがんばりました。

b0092300_283472.jpg

結果
1:13:04
Cクラス 20位/230人
総合 74位/876人


1:13:04 / 26.01 km / 21.4 km/h / 169 bpm / 81 rpm

b0092300_274341.jpg

GPS2PowerTrackで計算した結果のパワー。
■スタート~ハーフ(CP1)
290W
■ハーフ~CP2
242W
■CP2~ゴール
226W
■Total
258W

まぁ、予想通りしょぼいパワーです(;´・`)>
ほんとにタレすぎ・・・w

チームCB的には・・・
チャンピオンクラスでは、よっしーさん優勝
男子Cでも、takeyukingさん優勝

BearBell的には・・・
男子Cでタマキひろしさんが2位

すげー。
身近な人が1位&1-2フィニッシュでした。

登録した3人の合計タイムで争う「チーム戦」では、チームCBでtakeyukingさん+やまけいさん+ダジャラーで、なんとか3位に入りました。
表彰されました。
b0092300_284797.jpg

これまた他の人のブログで見た、「ババヘラアイス」を食べました。
b0092300_285310.jpg

レース後に測った体重は、62.2kg。
最近食事に全く気を使ってなかったけど、体重は割といい感じです。
練習不足で筋肉は落ちてるだろうけど。

表彰式終わって、14時頃に出発。
途中、渋滞にはまったりゲリラ豪雨にあったりメシ食ったりして、10時間弱で到着。
つかれたー。


とりあえず結果としては・・・残念ですがこれが今の実力でしょう。
調子が悪いというか、単に練習不足で弱くなってるだけですな。
乗鞍までに何とかしたい・・・と思ったけど、こりゃなんとかならなそうです(;´・`)>

人気ブログランキングへ
[PR]

  by dajakart | 2010-08-04 01:59 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://dajakart.exblog.jp/tb/13698250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 7月まとめと、いくつかエントリー 鳥海の結果 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE