2013 赤城山ヒルクライム

またまた1週間以上経ってしまいましたが、出てきました。
ホビーのヒルクライムは今年はこれだけ。
今年で3回目の大会ですが、実は1回目の2011年から毎年エントリーだけはしてました。
2011年は大腿骨骨折、2012年は仕事で疲労コンパイルのためDNS。
ようやく出場がかなったのでした。

9月はこれで4レース目。
石垣島旅行以外は毎週レースでした。
さすがにこれはやりすぎでした。
レース前は乗らないし、レースも大して距離走らないし(足切りのせいもありますが…)、これじゃ強くなれません。
来年どうなるかわからないので出たいレースは出てしまってますが、やっぱり絞らないとダメですね(^^;

今回の自転車。
b0092300_23273340.jpg

フロントは、懲りずに中華復活です。
あざみでダメにしてしまいましたが、リムだけ買って、ぽぷりさんに組んでもらいました。(ありがとうございます!)
軽いです。でもこれで6.6kgくらい。
最近の軽量フレームなら、6kgくらいは簡単にいけるのでしょうね。

フロントタイヤが違うのは、もともと使っていたVittoria Crono Evoを貼り直そうとしたらバルブからエア漏れしていたため、急遽スペアのVittoria Rallyに交換。
スペアといってもTimeの完成車としてついていたもので、一度も使わないまま放置してたものです。
4年くらい車の中に放置という最悪の保管状態でしたが、特に問題なかったです。
意外ともつものですね。
これでコーナー攻める気はないですが。
しかしCrono Evoは。。。
1回しか使ってないのに。。。
だから軽量チューブとかも好きになれない。
もう買わないと思います。

前置きが長くなりました。
アップはローラーで、30分近くできたので十分。
朝の気温は20℃弱。
半袖半パンでも寒くないくらいの気温でした。

30代クラスは700人くらい。
いくつか分割してのスタートで、自分は7:10にスタートしました。
マツモヴィッチさんと同じグループで、計測開始地点あたりでマツモヴィッチさんが勢いよく上がってきたので便乗しました。

序盤の緩め区間は、25km/hくらい出てたので集団効果が絶大でした。
マツモヴィッチさんと共に、いい列車を見つけて乗り換え乗り換え。
でも勾配がきつくなり始める頃には列車がいなくなってしまいました。
マツモヴィッチさんもペースを上げて、旅立って行きました。

ああ、あとは一人旅か…と思いましたが、マツモヴィッチさんとは100mくらいの差が変わらない。
すっと視界に入っていたので、いいモチベーションになりました。
結局最後まで追い付くことはなかったけど、おかげさまで最後まで集中力を保つことができました。
一人で試走してたときは、「まだ終わらないのかよ~」ってとにかく長く感じ、気持ちがポッキリ折れまくりでしたが、レースは意外と短く感じました。

タイムは1:12:42で、30代クラスで61位。
試走より10分は縮めることができました。
まあ順位は微妙ですが、気持ちが折れることなく走りきれたのでよかったです。

荷物受け取りは大沼まで下りました。
b0092300_23273693.jpg

味噌おでんと饅頭。
b0092300_23273816.jpg

下山中。
b0092300_23274182.jpg

天気にも恵まれたのでよかったよかった。

一番気を使ったのが下山。
あざみの実績(?)があるので、中華カーボンでブレーキかけまくりのスローな集団下山はヒヤヒヤものでした。
でも、あざみほどの勾配ではないし、ちょっと熱を持ったくらいで新しいフロントのリムは問題なかったです。
残念なのがリア。
リアは元々持っていたのですが初めて使う惑星Xのリム。
見た目は振れてはなさそうですが、ブレーキ当たり面の精度が悪いのか、リアブレーキでガックンガックンしてました。
うーむ。

これで、今年のレースは残り3戦。
おきなわに向けて、10月はもうちょっとがんばろうと思います。
[PR]

  by dajakart | 2013-10-09 21:50 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(1)

トラックバックURL : http://dajakart.exblog.jp/tb/21181072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 前橋庶民 at 2014-02-13 18:40 x
第4回赤城山ヒルクライム大会2014は9月28日開催で募集人数は3300人だそうです。

姫百合駐車場から上の道路はすでに雪がありますが、上から下ってくるヒルクライマーを先日、駐車場にいて見掛けました。真冬でも山に登らないと気が済まないライダーが増えているようです。

大会の1ヶ月くらい前から毎週末に旧料金所付近に給水所を設置するようです(主目的は下山するクライマーのスピードの監視です)。
80km/hを超えて下山する人も時々見掛けます。

<< 10/5 途中で力尽きたヤビツ 2013 第61回秩父宮杯埼玉... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE