カンパ11sとシマノ11sの互換性

現在、2台あるロードバイクはカンパ11sを使っていて、TTバイクは今年からStagesを使うために11sシマノ化(105)しました。

外練のときはPowertapのついたZipp404を後輪にいつも履くのですが、これをシマノとカンパで使い回すためにPowertapハブのフリーボディを毎回交換する運用にしました。
Powertapのボディは、カセットがついたままでも工具不要で引き抜くだけで外れるし。

GWに嫁さま実家の足利に行ったときはロードとTTの2台を持っていったので、乗りかえる度にフリーボディを交換してました。
しかし、何度か交換してるうち、カンパのボディを入れたところ回転がものすごく渋くなってしまいました。
フリー回転しないくらい。
こりゃ、まともに走れません。。。困った。
もう1本のPowertapホイールにつけると大丈夫なので、Zipp404のハブの方の問題のようです。
でもなぜかシマノボディなら大丈夫。

もてぎのレースの前々日のことでした。こんなんじゃレース出られないなあ。
そういえば、シマノとカンパは11s同士なら互換性がある、と聞いたことがあります。
そこで、やってみました。
カンパ11sのコンポで、リアカセットのみシマノ11s(105)。

b0092300_1133433.jpg

結果としては、全く問題なし!
変速の微調整すら必要なく、そのままで全く問題なく変速しました。
レース前日に軽く走ったときも、問題なし。
もてぎのレース中も問題なし。
ガチャガチャいうこともなかったのです。

逆に、シマノのコンポ(TTバイク)にカンパ11sのリアカセットもやってみましたが、これは調整が必要なのか、全く回転しませんでした。
今回の、カンパのコンポにシマノカセットの場合も、調整せずに使えたのはたまたまかもしれません。
ホイールによっては、微妙にオフセットが違うのもあるし。

ともあれ、カンパユーザにとってはちょっと嬉しい。
カンパのカセットは高いし。
レースで、パンクしたときに貸してもらえるニュートラルサービスのホイールも、シマノのが使えるし。
(そういうレースにはほとんど出ることはないという話もありますがw)

そんなにヒルクライム出るわけではないので重量は気にしてません。
これから買うカセットは安い105でいいか…w
[PR]

  by dajakart | 2015-05-15 09:06 | 自転車:機材 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://dajakart.exblog.jp/tb/24455514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 9070乗り at 2015-05-21 08:46 x
私は逆のことをやっています。
もともとカンパ11Sでしたが、シマノ11Sにコンポを替えました。
まだアルテグラが発売されていないタイミングで、9000のスプロケットが高いので練習用のカンパコーラスを流用することにしました。
シマノコンポ+カンパスプロケの組み合わせです。こちらは多少チェーンラインが違うようで、かすかにチェーンが当たっていますが
薄いスペーサーを入れれば解決しました。
レース用ホイールはシマノスプロケですが、こちらに履き替えても無調整で何の問題もありません。(ホイールは練習用がカンパでレース用がフルクラムのなのでHUBはほぼ同じです)
スペーサーの厚さを厚くするとトップギアのロックリングの掛かりが浅くなるので要注意です。
Commented by dajakart at 2015-05-21 22:30
9070乗りさん:
情報ありがとうございます!なるほど~。
逆もいけるんですね。
あとは気になるのは、カンパのコンポでシマノクランクとか…ですね。
それができれば、カンパユーザーでもパイオニアとかいろいろパワーメーターの選択肢が広がります(^-^)
できそうな気もしますが、ちょっと高いので勇気とお金がありません(笑)

<< TTバイクのサドル交換(Pro... 2015 加須こいのぼり杯(埼... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE