4/3 チャレンジサイクルロードレース A-M

今年も出てきました。迷うことなくマスターズクラスです。
先週のJCRCに続いて2週連続の修善寺。

5時過ぎに自宅出発。雨降ってます。まじすか。
雨レーダー見ると、伊豆と神奈川と東京の一部だけ、狙ったように降ってました。最近こういうの多いな。

7時過ぎにサイクルスポーツセンターに到着。雨はほぼやんでました。よかった。
気温は10℃。おお、先週より10℃も高いw
受付して、ローラーでアップ開始。先週のアップ不足の反省から、今回は念入りに。結局ローラーのアップは15分だったけど、十分体は温まったからよかった。

検車してから、試走へ。路面は、レース中は乾くことはなかった。
b0092300_2239453.jpg

試走は2周できました。
ジャージは迷ったけど、ゼッケンつけてた時はちょっと寒かったので上は薄い長袖。後になってからやっぱ半袖でもよかったと思ったけど、ゼッケン付け替えるのが面倒だったのでそのまま。下は半パンになりました。

A-Mクラスは35人ほど。平和な人数です。
時刻通り、9:01にスタートしました。
なるべく前の方へ。
アップが十分だったので、先週よりは1周目は少し余裕がありました。自分的にはものすごいペースだったけど。
と思ったのも束の間、2周目の最初の登りで早くも限界を迎える…(´Д`)
無理しないで、潔く千切れました(/_;)

その後…記憶が割と曖昧な感じですが、A-Mの人とはあまりまとまらなかった。数人程度。
A-YとかA-Jとかの人が多いので、コース上にいつも人がバラバラといる状態。
千切れてからも大タレせずに、そこそこのペースで周回できました。
すごくきついことには変わりないので、「もう次の周で足切りにしてくれてもいいよ…」と何度思ったことか。

そんな感じで5周経過。去年はここで足切りだったけど、今年はクリアできた様子。よしよし!
ちょっと気の緩みもあり、その後はペースが落ちてしまいました。
終盤、竹芝の方とFitteの方と3人パックに。
最終ラップに入るとき、秀峰亭のゴールラインの周回表示のところが「終了」となってました。あれっ、まだ1周あるのに、足切り?
と思ってたけど、止められなかったので行きました。竹芝の方も、「あと1周!」と言ってたし。
最後は3人からは抜け出して単独ゴールとなりました。

結果としては、無事に完走扱いでした(^-^)
とりあえずの目標だった完走できてよかったー!
b0092300_22394616.jpg


b0092300_22394597.jpg


公式記録
時間: 1:16:43
21位/出走36人(完走23人)

手元の記録
平均速度: 29.2 km/h
距離: 37.71km
獲得標高: 1026m
平均パワー: 218W (NP 254W)

ペダリングモニター的なデータは…
平均ペダリング効率:52.0 [%]
平均パワーバランス:48.6:51.4 [%]
ダンシング率:5.8 [%]

ラップタイム(スタートラインで計測)
8:47
9:48
9:51
9:39
10:14
10:25
10:35

去年の3周目までの時間と比べると、今年の方が36秒遅い。
でも、5周目終了時には今年の方が12秒早い。
どうやら、足切りの最終関門は5周終了時点のようなので、今年はギリギリでクリアできたようです。
もちろん、先頭のペースによっても変わりますが。
完走を目指すには、最初にあまり無理しない方がいいようです。

1周目のログを見ると、先週のJCRCと同じような出力でした。なのにラップタイムは30秒くらい速い。ウェットなのに。風の違いかな?
全体の平均パワーは、先週と変わらず。

A-Eの人のラップタイムを見ると普通に8分台前半とか、次元が違いますなー。自分なら半周ももたなそう。
A-Eのトップは最終ラップ7分半くらいらしい。
ヨーロッパのトッププロなら7分くらいで走っちゃうのかな?
エリートで完走するには、少なくともあと30W以上をもっと長い時間繰り返せないとダメそう。
うーん、むりかな(笑)

終わったらさささーっと帰宅。13時に帰れました。
この時間なら、家庭の平和も保てます(*´-`)



[PR]

  by dajakart | 2016-04-05 21:22 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://dajakart.exblog.jp/tb/25619303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 最近のトレーニングまとめ(4/... 最近の自転車記録(3/26-4/1) >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE