カテゴリ:自転車:レースレポート( 146 )

 

ニセコクラシック動画

ようやく、アップしました。
今回はアクションカム2台体制。電池が1.5hくらいしかもたないので。
2台とも、SonyのAS100Vです。
RECマウントで装着しました。
b0092300_2228598.jpg

最高速ダウンヒル区間
動画では89.9とか出てますが、Garminの最高速は87くらいでした。
https://www.youtube.com/watch?v=cOD4k4pB-YM
b0092300_22245031.jpg


【1】スタート~2つ目の登り開始まで
大集団で。
https://www.youtube.com/watch?v=QoDyKhxNkQg
b0092300_2224519.jpg

【2】2つ目登り~パノラマライン入り口
https://www.youtube.com/watch?v=JNlo2wcelac

【3】パノラマライン登り ピーク手前で後輪パンクしMavicカーのお世話に…
https://www.youtube.com/watch?v=RVwYBNOPzd8
b0092300_22245017.jpg

b0092300_22245170.jpg

【4】パノラマライン下り
単独追走したけど全く集団の姿が見えずにあきらめる。
https://www.youtube.com/watch?v=6kMkVVvcWgs
b0092300_2224512.jpg


【5】ラスト10km
最後はもうヘロヘロ。
target="_blank">https://www.youtube.com/watch?v=_M29eiyGBMU
b0092300_22245224.jpg

ところでシーラントで塞がったあとの後輪の写真。
b0092300_18204690.jpg


走行可能なくらいの空気は残っていました。
パンクの原因は不明です。
いままでパンクといえば、リム打ち(スネークバイト)か、金属片とか釘とか異物が刺さったくらいしか経験がなかったのですが、今回はどちらでもない。
強いて思い当たることを挙げれば・・・下りでセンターラインに定期的に穴が開いていて(除雪用の水でも出すのかな?)、そこに何回かはまったことくらい。
でもその程度でパンクしてくれちゃ困ります。

今年使い始めてまだ4回目だったのだけど。そういえば、ひびきさんも使い始めてすぐにパンクしたとか言ってたなあ。。。
偶然かもしれないけど。
安心品質の日本製タイヤだったのだけど、もう次は使わないかなあ。
やっぱり、5年レースで使って全くトラブルなかったドイツ製のに戻すかな。
高いけど、長持ちするし。
グリップ感もそっちの方が好き。

[PR]

  by dajakart | 2015-07-22 08:45 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(0)

7/12 第2回ニセコクラシック

今年一番楽しみにしてたレース、ニセコクラシックに出てきました。
今年で2回目の大会で、ニセコ周辺の山々を走る山岳ロードレースです。
70kmクラスと140kmクラスがあり、140kmにエントリーしました。140kmは獲得標高2400m。
今回は家族旅行も兼ねて。姪っ子と義父義母も加えて、総勢6人で行きました。

土曜の朝一の飛行機で出発。同じ飛行機に、しばぞーさんとナオトマンさんがいました。
新千歳からレンタカーでニセコまでは2hくらい。
の前に、新千歳空港で腹ごしらえ。レース前日だけど、せっかく北海道に来たのでラーメン!
b0092300_22053159.jpg


うまかった~。

適当に時間をつぶして、ニセコグランヒラフの会場で15時からのライダーズミーティングに参加。
その後、ニセコアンヌプリスキー場で熱気球体験へ。
風がなかなか止まなくて待たされたけど、無事に乗れました。息子はコワイ~って言ってたけど(^^;

22時前に寝て、5時前に起きました。
泊まったホテルは、レース参加者向けに早い朝ごはんを出してくれるわけじゃなかった。
朝食券の代わりにコンビニの買い物券1000円くれたけど。
超ショック。朝食ゆえに…

当日朝は5時前に起きました。あんまり食欲がなくて、朝食はコンビニパスタ1個だけ。まあ前日にたくさん食べたので大丈夫。
補給食はこのくらい
b0092300_15482583.jpg

今回の自転車。いつもの。
b0092300_1412647.jpg

b0092300_15463746.jpg

アクションカムは2台体制で、たくさん撮りました。後日公開予定。
b0092300_1412683.jpg

ホテルからすぐ近くのスタート地点に行って、出走サインしました。
羊蹄山がよく見えました。
b0092300_1412756.jpg

アップは、スタートゴールの坂を何本か登って降りる感じ。
ピーカンの晴天で、7時前なのに暑くなり始めてる。日中は大丈夫だろうか…
結局この日は最高気温は30℃近く。北海道、しかも高原にしては暑い。
b0092300_11243827.jpg

スタートは7時。
140kmの参加者は100人ちょい。このくらいだと、スタート並ぶのも平和です。なるべく前の方に並びました。

スタートしてしばらくは下り区間。下りから登りになるまではパレード区間でした。
b0092300_1502543.jpg

片側車線しか規制してないのでたまに対向車来るし(先導バイクが路肩に寄せてくれましたが)、大集団で片側車線いっぱいにひろがるので、ちょっとヒヤヒヤ。
でも変な動きする人はいなかったし、この日は一度も落車を見ることもなかったのでよかったです。

コースプロフィールはこちら。(実走ログより)
b0092300_23192428.png

前半で大きめの登りが3つ連続します。
1つめは約10km、標高差約250m。
2つめは約6km、約125m。
3つめがこのレース最大の登りで、約18km、約700m。
3つとも、斜度は緩かった。
集団効果が十分にあるくらい。
最初の2つは、連続した登りは短く、平坦や下りもけっこうあった印象でした。

1つめから2つめの登りへ向かうダウンヒルは、超高速でした。
なんと最高速87km/h。
ログが飛んでるわけではなく、メーター読みでしばらく80オーバーなのを見てました(^^;
さすがにこの速度はちょっとびびります。
自分の自転車が大丈夫かと心配になりましたw
普段とは違う速度域だけに、コーナーで減速が足りずにちょっと膨らんでしまい、ヒヤリとしました。
b0092300_1503898.jpg

2つめの登りも斜度は緩く、あれっもう終わりかと思うくらいすぐ終わりました。

そしてパノラマラインに入り、このレース最大の登りへ。約18km、標高差約700m。
b0092300_1502913.jpg

前の方で、何人かのグループが抜け出すのが見えました。でも集団のペースは上がらず。
広くて見通しのいい登りなので、逃げが完全に見えなくなることはなかったような。
周りを見渡すと、50人くらいはいただろうか。
自分がついていけるくらいだから、ペースは速くなかった。
せいぜい5%程度なので、集団効果も大きかったです。
この登りで、しばぞーさん、ナオトマンさん、S野さんなどお知り合いの方々が前に上がっていくのが見えました。自分は20番くらいの位置をキープ。
ログを見ると、この登りは34分半くらい。平均上昇高度は1000m/hくらいなので、ヤビツでいうとコンビニスタートで38分くらいでしょうか。
緩いペースだけど、それまでに登りをいくつもこなしてるので自分的にはきつかった。

しばぞーさんと「あと4kmくらいですかねー」と話してるうち、KOMの看板が。
あれっ、もうKOMか。
でも実はほんとのピークはまだ先で、一度下ってから登り返すのでした。

そして登り返し。
淡々と登ってると、足元からプシュ~~と不穏な音が。
あれ、まさかドリンクでも噴いてるのかな??
でもドリンクじゃない。
周りの人から、「うしろパンクしてますよ」。
よく見ると、後輪からすごい勢いで空気とシーラントが噴き出してるのでした。
まじかよー(ToT)

止まりました。
すごい勢いでまだ噴いてます。シーラント入れてるのに、こりゃダメかなーー。。。

幸いにも、マビックカーが後ろにいたのでした。カンパ11速と伝えると、すぐに交換してくれました。
b0092300_1503160.jpg

カンパ11速の用意もあったのかな。シマノ11速でも使えるけど。
おまけに、スタート時に押してくれました。
おおっ、テレビで見る風景だ。なんかプロっぽいぞw

しかし…プロのレースのようにサポートカーの隊列に入れるわけはなく。
もちろんアシストが牽いてくれるわけもなく。
単独で追走です。まだ登りがけっこうありました。
下りもけっこう頑張りました。
b0092300_1503327.jpg

しかしこの下りも斜度が緩く、直線基調。おまけに向かい風もあり。
つまり、集団有利な下りなのでした。
全くもって集団の姿が見えず、諦めました。
ちーん。レース終了のお知らせ。

下りきってからは、しばーらく平坦です。
後ろ振り返ってもだーれも見えない。
北海道特有の、長い直線の先にも全く見えない。しかも、海に向かう方向は向かい風。
参った。ここで単独か。。。

ちょうど半分くらいの距離で、水の補給がありました。500のペットボトルで。
暑そうだったので950のボトルを2本持ってたのですが、溶かしたドリンクが濃すぎて失敗でした。甘さが口に残って気持ち悪い。
そんなとき、水がおいしかった。
1本目の水は飲んで頭からかけてすぐに捨て、もう1本もらって背中にさしときました。
後半にかけて更に暑くなったので、頭からかけたりして非常に役に立ちました。
やっぱり、暑い日は2本のボトルのうち1本は水にすべきだな。

補給を過ぎてしばらくすると、後ろからグルペット集団がやってきました。10人くらいはいたかな。
助かった~。平坦はずっとグルペット集団で過ごしました。
あまりうまくローテが回らなかったけど。。。
ペースを上げたいニセコチームのガイジンさん2人が抜け出す形に。
そのまま登りに入って、グルペット集団はバラバラになりました。
ガイジンさんの一人は落ちてきたけど、もう一人は見えなくなってしまいました。
残りのグルペット集団メンバーでは、自分が先行。

残る大きな登りは、2つ。
1つは距離約10km、標高差400m強。
もう1つは約4km、200m弱。
そこを下ると、ゴールまでまた登り基調。

斜度は今までと同じような感じだけど、もう脚がなくてつらい。
暑い。日光を遮るものが全くなかった。
おまけに、借りたホイールのスプロケのローが小さくて重い。
Boraには11-29をつけてたので。(フロントは53/39)
ひたすら耐え、チンタラ走りました。

この頃には、みんな単独走。
70kmの人たちもパラパラと。
みんなつらい。

どうにか山を越え、ゴールのスキー場付近が見えたときにはほっとしました。
終盤に一人に抜かれて一人抜いて、最後は単独ゴールとなりました。
b0092300_1503645.jpg

ゴール前で家族が待ってて、「パパ~!」と応援してくれたときは嬉しかった(^^)
息子も大きくなったものです。

結果
44位/出走96人(完走66人)
4:33:32
平均 30.70 km/h
獲得標高 2401m

使用後。
b0092300_09393662.jpg


よく見たら、出たばかりの新型キシリウムじゃないですか。
偶然にも、直前に練習用フロントホイールとして旧型キシリウムを買ったのでした。
いいホイールでしたよ。

ちなみに…パンク穴は、シーラントによって塞がってました。
走れるくらいの空気圧が残ってました。
シーラントってそういうものなのね。初めてなので知らなかった。
そのまま走り続ければよかった(´Д`)

残念無念な結果だったけど、レースは楽しかった。
やっぱり、周回コースではない、ワンウェイのロードレースは楽しいな~。
これだけの規模の公道レースは市民レベルではあとはおきなわくらいしかない。
まだ始まったばかりだけど、ぜひおきなわみたいな大会に成長してほしいです。
今回のメンバーは、レベル的には去年のおきなわ140と同じくらいのレベル感でした。相対順位的に。
希望としては、交通規制は両側車線してほしいな。
あとドリンク補給はボトルで、2ヶ所で。大変だとは思いますが。

11月のおきなわよりも子供が遊べるところが多いので、家族にも好評でした。
また来年も出たいと思います。

レース動画はこちら
北海道旅行記

[PR]

  by dajakart | 2015-07-17 09:20 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(4)

6/21 JCRC修善寺 EDクラス

出てきました。
天気予報は、週間予報では雨マーク消えたこともあったけど、前日予報は曇りときどき雨。
見事に当たり、レース中は最初から最後まで完全に降っていました…。
自分としては雨レースは嫌いではない(寒くなければ)のでいいのだけど、今回は家族(&姪っ子と義母)同伴で来てて子どもたちはサイクルスポーツセンターで遊ぶのを楽しみにしてたので、そっちがあまり遊べなくて残念でした。

今回はレースは全部午後なのでした。
朝ゆっくりでいいので楽でした。自宅から2時間弱で到着。
エントリーは50人以上いたけど、出走は40人弱。このくらいの人数だと、スタート並ぶのも平和です。
試走時間は短かったので、1周だけアップ兼試走。
雨のレースは久しぶり。
今回もBoraだったけど、ブレーキ効かないなー。
いや、効くけど、かなり水切りしないと効いてこない。

そういえば自転車の写真撮り忘れた。
下の写真はイメージです。いつもと同じレース装備。
今回はカメラとかつけてないですよ。
b0092300_16013796.jpg


EDは12時スタート。
スローな集団での下りコーナーは、ブレーキあまり効かないのでちと怖い。
最初の登りからいきなりハイペース。さすがに最初なのでついていけた。
下って、次の登り。きつい。
ペース速いのか、調子悪いのか…。
秀峰亭の手前で遅れ始める。最後の登りで完全に遅れる。ああ。
前回は3周はついていけたのに。。1周で終了。
調子が良くないようです。脚も体も重い。
そういえば今週は風邪も引いてたし疲れぎみだったなあ、と言い訳を早速考えてました…(*_*)
とはいうものの、2位に入ったしばぞーさんのレポートを見ると、1周目の登りはしばぞーさんの過去最速ペースだったのだとか。単にペースが速かっただけなのかな?
雨だと全体的にスローなのでよくわからない。

ホームストレートで、離れていく先頭集団を見ると、すでに10人以下に絞られていました。
自分は、急激に力が出なくなってしまった感じ。
アンパンマンでいうところの、「顔がぬれて力が出ない~」と同じです。
しかしながらジャムおじさんがアンパンマン号で新しい顔を持って来てくれるわけではないので、つらいところ。

なんて言ってる場合じゃなくて、本気でやめたくなりました。力が出ない。
やめる理由を考えながらチンタラ走ってたところ、いつも同じくらいの順位を争っているタマレンジャーのmoryさんが追い付いてきたので、気を取り直してドッキングしました。(実はひそかにmory diaryを愛読しております)
その後、cubeの方もドッキングして3人列車に。
おかげで、3人でいいペースを保つことができました。ほぼ最後の方まで、3人で走っていました。

長いこと一緒に走ってると、先頭交代のタイミングがだいたい決まってきます。3人のなかで一番体重がありそうだったので、自分は下り担当。
下り後のコーナーで、なるべく自由なラインで曲がりたいのもあり。
あんまりブレーキシューを減らしたくないという貧乏根性で、なるべくブレーキ使いたくなかった(^^;
1号橋前のコーナーも2号橋前のコーナーも、広いコース幅を目一杯使うとほぼノーブレーキでいけました。いや、1号橋前は少しブレーキ当ててたかも。

すぐに周回遅れになるかと思いきや、意外ともちました。
先頭集団に抜かれたのは終盤。すでに5人くらいになってました。
こちらの3人列車は、cubeの方が終盤に脱落。
最後の坂でペース上げて、先着することができました。


↓は唯一の走行写真・・・
b0092300_20481286.jpg

結果
14位/37人
2:03:40
58.0km
28.1km/h(手元)

順位的には、いつもと同じくらいの感じでした。

ラップタイム
9:21
10:51
10:20
10:20
10:42
10:52
10:59
10:48
10:48
10:49
10:52
7:06(秀峰亭まで)

その後、子どもたちがあまり遊べなくて疲れたのか、嫁さまがお怒りモードに。。。
これは、今日のレースよりキツイ展開です…(´Д`)アワワ
しかしリタイアは許されません。
速攻で片付けて帰りました。
ひびきさんがせっかくDで入賞したのに表彰見られなくて残念。
ひびきさん、トントン拍子です!

家庭内平和を取り戻すべく、箱根のユネッサンへ向かいました。
そこで献身的なアシストが功を奏し、子どもたちもいっぱい遊べて、家庭内平和も無事に戻りましたとさ。めでたしめでたし。

帰ってみたら、Boraの後輪に水がじゃぶじゃぶ入ってました。
タイヤ剥がして、水抜きしました。

しかしまあ、ニセコまであと3週間だというのにまったく調子が上がってくる感じがしません。
このままだとニセコサイクリングになりそうな予感。
でも、まだあきらめずにがんばろうと思います。




[PR]

  by dajakart | 2015-06-23 19:59 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(2)

2015 SDA王滝 春

行ってきました。
去年の9月の大会に続き、2回目です。
今回も42kmクラスで。

結果から言うと、半分終わったところのオンロード区間の鋭角コーナーで滑って単独落車、打撲と擦過傷を負うもどうにかゴールして総合10位(30代2位)でした。

以下、自分用メモも含め振り返ります。

今回も、土曜は育児デーなので出発は土曜の夜。
8時半くらいに出発で、休憩含め4時間ちょいで着きました。
圏央道が茅ヶ崎から中央道まで全線開通したおかげで、去年より更に時間短縮。

車中泊で、寝たのは1時前くらい。起きたのは4時。
周りの車のドアが閉まる音でイチイチ目が覚めてしまい、寝たのか寝てないのかよくわからない感じでスッキリせず。
朝の気温は7℃くらいでした。去年の9月と同じくらい。

受付して、準備して、コンビニの冷やしうどん食べて、スタート地点に出発です。
去年はスタート地点に向かうのが遅くなり、かなり後ろの方のスタートになってしまった反省を踏まえ、今回は5時前に会場を出発。
20番くらいに陣取ることができました。

b0092300_2354169.jpg

b0092300_2354074.jpg

今回の装備です。備忘録。
バイク: Lapierre X Control 210
タイヤ: IRC Mibro for Marathon 2.1 Tubeless (2.2bar)
持ち物:
 ・スペアチューブ2本
 ・CO2インフレーター(カセット2本)
 ・パッチセット
 ・タイヤレバー
 ・携帯工具
 ・タイヤブート
 ・チェーンピン、ミッシングリンク
以上はサドルバッグに。
 ・ポンプ(フレーム装着)
 ・アクションカメラx2(ハンドル装着)
 ・ライト(ハンドル装着)
 ・ドリンク(ボトルで700cc弱)
 ・補給食(メイタンCCC2本をフラスクで。あとピットインリキッド2本)
 ・スマホ
 ・レインジャケット(スタート前に脱いだ)
 ・レッグウォーマー(スタート前に脱いだ)
 ・アームウォーマー(途中で脱いだ)

空気圧は前回2.5で高すぎたので下げて2.2bar。もうちょっとだけ下げてもよかったかも。
フロントサスは100psiくらい、リアサスは11barくらい。ボトルは、暑くならなければ1本で十分だけど、まあ何とかなるだろうと思って1本にしました。
ところが途中から天気が良くなって暑くなり、ちょっと水不足気味に。それでも何とかなりました。

会場で軽量化したくなったけど、スタート地点に向かうのが先なので出発したのですが、漕いでる途中でもしたくなってやばかった。
周期的にやってくるアレ。
冷や汗かきながらどうにか到着、幸いにもトイレが空いてたのでギリギリセーフでした。。。
お腹不調(*_*)

今回のコースはこちら。(実走ログより)
b0092300_0343096.png

7時にスタートしました。
前回の秋とは最初の山が逆回りなので、しばらく舗装の登りが続きます。
危険なトンネルも、登りの速度なので問題なくクリア。路面よく見たけど、ありゃ下りなら落車多発しますな。。。
b0092300_23553558.jpg

集団で進みます。序盤は速めのペースだったけど、しばらくしたらペース落ちて楽になりました。ダートの登りに入るまでに、10数人まで絞られました。
b0092300_23555554.jpg

ダートの登りに入って、先頭はペースアップ。こりゃついていけない。
見送って、自分のペースで。
赤のBMCジャージが優勝したザックさんかな。ダート登りに入ってあっという間に見えなくなりました。
b0092300_23555889.jpg

結局、ボルボキャノンデールジャージの人とくっついて頂上まで行きました。6位か7位のパックだったかな。
b0092300_2356175.jpg

同じペースの人と登って思ったのは、やっぱりダートの登りもテクニックが重要だってこと。
大きな石に乗れば当然失速するし、ルーズな石に乗ってペダル1回転分でも後輪が空転すれば、前の人に離される。取り戻すには、その分足を使う。
上手い人は、そういうロスが少ないんだろうな。
登りでも、最適なラインは1本しかない。
ラインをよーく選ぶのも重要ですね。

そして下り。
前回は初めてだったので上手く下れなかったのですが、今回は少しコツをつかんでいい感じに下れるようになりました。
ボルボキャノンデールの人を離すことができました。
更に、登りで先行していた二人をパス。
でも、下りの最後の方で後ろから来た一人に抜かれました。
b0092300_2356355.jpg

この時点で、4位か5位か?よしよし。いい感じです。
下りきって、スタート地点まで戻ってきました。ちょうどレースの半分くらい。
最後に抜かれた人も、すぐ前に見えてます。登りではこっちが先行してたのだから、また登りで追い付けるだろう。

…と思っていた矢先。
↓このコーナーです。
b0092300_2356560.jpg

下りながら左に曲がるコーナー。
十分減速して入ったつもり…でしたが、イン側にパチンコ玉サイズの小石がたくさんあったのでした。
あっ!と思ったときは遅し。
一瞬でフロントが滑って、左半身から落車しました。

けっこう滑ってた気がします。
立ち上がれました。怪我を確認。自転車は大丈夫そう。
痛いけど、折れてはないみたい。よかった。。。
左肘と、左モモに打撲と擦過傷。

すぐに跨がって走り出しましたが、左足が痛い。。。
力が入らない。
すぐに登りが始まったけど、超スローペースでした。
何人も、バシバシ抜かれました。
あーもう、止めようかな。

と思ってたけど、しばらくすると痛みが和らいできて少し踏めるようになったので、とりあえずゴールを目指すことにしました。

そこから先は、秋とは違う未体験のコース。
落車してない時のように元気には走れないので、無理しないペースで走りました。
それでも、落車直後にまとめて何人かに抜かれて以降は、抜かれたのは1人だけだった気がします。
ものすごい絶景ポイントも通った気がするのですが、余裕がないのであまり記憶にない(^^;

残り距離的に、そろそろ最後の下りが現れてもいい頃かな、と思ってたときに現れたのは激坂でした。
あー、これが春の42kmの激坂か。
このタイミングでの登場は萎えます。けっこう長いし。
初めて、フロントトリプルのインナーに落としました。
20kmクラスの人たちは、押して歩いてる人が多数。

そろそろ最後の下りかな…と思ってもまた登りが現れる。
というのを何度も繰り返し。
誰もが突っ込むであろう「42kmクラス 45km地点」の看板も過ぎ。50km看板もありました。
ようやく現れた最後の下りは無難にこなして、ようやくゴールしました。
パレード区間含めて48kmくらいでした。

【結果】
2:42:26
48.4km
1282m
総合10位

総合での入賞も見えていただけに、残念でした。
でも自分のミスなので仕方ない。
秋も同じコーナー通ったけど、そのときはもっと慎重でした。
調子に乗ってしまったようです。
悔い改めないと!

ゴール地点で、治療してもらいました。
左モモが、けっこう皮膚がザックリいってました。
でも打撲と擦過傷だけで本当によかった。
数年前に大腿骨を折ったときとまったく同じ、フロントから滑って為すすべなく左半身を打ち付けた落車だったので。
前回と違うのは、骨ではなく肉で着地したこと(笑)
転び方は少しは上達したのかな(違

左手首も打ったので、翌日はママチャリのハンドルを持つのも辛いくらい痛かった。
けど、レース中はそこは痛みを感じることはなかったのです。
アドレナリンってすごいなー。


最後に。車載動画をアップしました。
固定力の弱いマウントで、ハンドル下にぶら下げてたので下りではブレが多いです。
やっぱりハンドル上用のマウントをもう1個買おうっと。
今回はカメラ2台体制でレース全部撮ろうとしたものの、うっかりミスで2台目のを消してしまいました。。。
なので後半のはナシです。

スタートから、ダートの登りの途中まで
ダートの登り途中から、下り、スタート地点に戻るまで

この最後のシーン直後に落車。
落車シーンは自粛で。。。

また、秋にがんばろう。
[PR]

  by dajakart | 2015-05-27 01:11 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(0)

2015 加須こいのぼり杯(埼玉TT)

毎年恒例の埼玉TT、今年も出てきました。
2010年から、欠かさず出てます。
今年はTTバイク用にStagesも導入し、けっこうTTバイクでローラーも乗って、準備は十分。…のはず。

今回の自転車
b0092300_23321092.jpg

もちろんカメラも装着。
空力を意識して(笑)、この位置にマウントしました。
せいぜい20分ちょいなのでボトルケージもなし。
b0092300_23321066.jpg

7時すぎに到着。
今年は駐車場が変わりました。加須未来館のあたり。
着いてみると駐車場入り待ちで渋滞。
今思うと、このあたりから今回の運営のまずさが出始めてました。

駐車場は草ボーボー。うーむ。
草ボーボーのところにローラー置いて、アップしてました。
今年は、時間に余裕があったので十分なアップができました。

アップが終わって、一度ガーミンの電源オフ。
出走準備して、さあ行こう…としてまたガーミンの電源を入れたけど、Stagesを認識しない。
あれ、さっきまで普通に使ってたのに、このタイミングで電池切れ?

あわてて、さっきまで使ってたPowertapの電池(同じCR2032)と入れ替え。
再度ガーミンも電源オフ、オン。…ダメ。
まさかこのタイミングで、まさかのStages故障???
このために買ったのに!!!ひどすぎる。

Stagesの電池をまた抜いて、完全に電荷を抜くためにすぐには入れずに少し待ってから入れてみました。
祈るような気持ちで、ガーミンでサーチ。
…ようやく認識しました。
いやー、焦った。。。

登録A個人は9時スタート。のはずが、15分遅れですと。
レース進行がそんなに遅れるのってあんまり聞いたことない。

で、スタートしました。
この日は強風。2010年も強風でしたが、同じくらいかな。
今回は14kmで、7km行って帰ってくるコース。
行きが追い風、帰りは向かい風。
ペーシングが難しいコンディションです。

でも、こんなときこそパワーメーターが役に立つはず。
「パワートレーニングバイブル」によると、
・追い風のときはパワーの大小によるタイム差はあまり出ない
・向かい風のときは、パワーの大小で大きなタイム差が出る
とのこと。
言い換えると、追い風でパワー出してがんばってもタイム差は大したことないから、追い風では温存して向かい風でがんばれ、ってことでしょう。

トータルの目標パワーは260Wくらい。調子がよければ20分でそれくらいは出せるはず。

行きは50km/hオーバー。
53x12のトップに入ってました。
あまり飛ばしすぎず、抑えて抑えて。
前半は誰にも抜かれず。後ろは速い人達ばかりだけど、やっぱり追い風だとそれほど大きな差は出ないのか。

折り返して、平均パワーをチラリと見たら260超えてる。
ちょっと出しすぎかも。
(ところが思い違いで、あとでStravaを見ると252W平均でした)

後半は強烈な向かい風。
危うく、30km/hを下回りそうになるw
帰りは長い…
何度か、やめようかと思ったけどなんとか踏ん張る。
パワーは230台に落ちることも。
あー、タレタレ。
最後だけちょっと上げて、ゴール。

14.0km
0:21:23(公式は0:21:21)
Avg 39.2km/h, Max 53.0km/h
Avg 252W, Max 778W

57位/91人でした。
半分いかず。いつもの順位でした。
なんだか進歩がないなあ…(*_*)

平均は、Stravaによると前半も後半もピッタリ252Wでした。
前半260オーバーは思い違いでした。
なんと、ペーシングは完璧!?
いや、本当は後半に頑張るべきだけど。
せめて260くらいは出したかった。


午後はチームTT。
今年は、K川さん、K原さん、ダジャラーの3名です。
個人TTには出ていないK原さんに半分くらい牽いてもらって、残りを2人で分担する作戦。

スタートして、まずはパワーメーターがついてる自分がペースを作る。
300Wを超えるくらい。
速度が安定したら、ローテ開始。

作戦どおり、K原さんがたくさん牽いてくれました。
うまく回っていたと思います。
前で300W超、後ろで200W弱くらい。
後半、前で一瞬失速したあおりでちょっとだけハスりましたが、大丈夫でした。

ほぼ最後まで、3人まとまっていました。

14.0km
0:20:13(公式は0:20:09)
Avg 41.5km/h, Max 55.0km/h
Avg 223W, Max 688W

19位/26チームでした。
ちょっと残念。自分の平均パワーもだいぶ低かった。ちょっとさぼりすぎ?全体的にもう少し上げても良かったのかも。
でも、チームTTは楽しかった!
個人TTは苦しいだけだけど、チームTTは苦しいけど楽しい!


それにしても、やっぱりTTバイクだとロードの10%オフのパワーしか出ません。
ポジションはいろいろいじってみたけど、ダメ。TTポジションだとパワーが出ない体なんだろうな。
栗村さんの本にも書いてあったけど、バッソとかは体重あるのに山も速いから相当パワー出せるのにTTが遅いのは、TTポジションで骨盤が倒れるとパワー出せないのだろう、と。
残念ながら自分もそんな感じなのかな。

リザルトは火曜にようやく出ました。
今回の運営はいろいろひどかったですねー。
今回から運営はリンク東北ですが【※訂正】、リンク東北のブログに理由と謝罪が書いてありました。
ミスはミスでちゃんと認識しているので次は改善してくれるのを期待しますが、ゴール地点がテントとか近くて人通りが多いのは勘弁してください。
危険すぎます。
ちょっと考えたらわかると思うけど。。。
しかし、MCのおねーさんはいい試みだと思います!(笑)
チームでインタビューされたけど、胸元ばかりが気になりました・・・(笑)

【※訂正】
リンク関係者の方からご指摘がありましたが、今回の運営はリンク東北ではなく埼玉車連とのことでした。リンク東北は計測・音響・MCの担当であり、運営の主体は埼玉車連とのこと。
よく調べずに批判してしまい、申し訳ありませんでした。訂正します。
(とはいえ、内情はよく知らない外の人間から見ると、今回はエントリー段階からリンク東北が前面に出ていたこともあり、多くの人がリンク東北が運営していたと思ってるのではないでしょうか)
ともあれ、次回からは教訓を生かしてがんばっていただきたいと思います。

埼玉車連の公式カメラマンの方が、綺麗な写真を撮ってくれていました。
b0092300_040781.jpg

b0092300_040873.jpg

b0092300_040821.jpg

長くなりましたが、最後に車載動画です。
個人TT
チームTT
17:40くらいに、ハスってるのがバッチリ映ってます(笑)
[PR]

  by dajakart | 2015-05-13 09:13 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(2)

2015 もてぎエンデューロGWの車載動画

動画をアップしました。
電池は2時間近くもったようです。

b0092300_237731.jpg

20150505_もてぎエンデューロGW_4hソロ(9:00-9:35)

20150505_もてぎエンデューロGW_4hソロ(9:35-10:10)

20150505_もてぎエンデューロGW_4hソロ(10:10-10:45)

20150505_もてぎエンデューロGW_4hソロ(10:45-10:53)
[PR]

  by dajakart | 2015-05-11 09:18 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(0)

2015 もてぎエンデューロGW 4hソロ

昨年に続き、出てきました。
4hソロのクラスです。

7時前に現地着。
相変わらず駐車場が遠い…(*_*)
受付してから試走兼アップを2周しました。
到着が遅かったので、ピットは満員でした。ま、居ないから別にいいんだけど。

今回は、カート仲間のみやむーも参戦。
みやむーはヒルクライムとかサイクリングイベントは何度も出てるけど、マスドのレースは初めてだそう。
楽しかったと言ってたので、これからレースにもハマっていくでしょう( ̄ー ̄)

今回の自転車
b0092300_2342759.jpg

スタートは9時。
4hクラスと7hクラスは時間差スタートです。去年もそうだったけど、これはいいですね。集団が別々になるので。

去年はロードコースとオーバルを組み合わせたコースだったけど、今回はロードコースのみ。よかった。
ロードコースとオーバルの接続部分で毎回スプリント並のダッシュが必要で、非常にきつかったので…(^^;

スタートは前の方に陣取りました。
序盤は前に100人くらい見える位置でぬくぬく。
時間とともに少しずつ前に上がっていきました。

序盤は曇りで、涼しいくらい。
後半は天気が良くなって暑くなりました。

今回は、動画撮影OKだったので撮ってました。電池がもつ限りのせいぜい1.5hだけですが。
そのうちアップします。
b0092300_23233058.jpg

ラップタイムは、前半は基本的には6分台。
楽ではないけど、なんとかなる範囲。
もてぎも何度も走ってるので、脚を使うところ、使うべきでないところ、うまくサボる走り方などがわかってきました。
なるべく省エネ走行に徹してました。

中盤に、猛烈にペースが上がりました。
このときのラップは6:30。
これはきつかった。
逃げができたようです。
大勢いるフリーダム勢のメンバーが逃げてるようで、他のフリーダム勢がメイン集団の蓋をしてました。
逃げができたことでペースダウン。
これは自分的には助かりました。
きつかったので…(^^;

そこからは、メイン集団の先頭のメンバーはほぼ固定だったような気がします。
招待選手がけっこう牽いてくれました。
招待選手が休んでる間は一般選手がローテ。自分もなんとなくローテに参加。

しばらくすると、最初の逃げは吸収されたようです。
が、落ち着いてからしばらくすると、また数名の逃げが発生。
これが最後まで逃げ切られてしまいました。
ま、自分は集団についてくのでいっぱいいっぱいで何もできなかったけど(^^;

そんな感じでなんとか最後までメイン集団に残れました。
最終ラップ、登りでアタックがかかるもなんとか食らいつく。
そこから、スプリントに向けてなるべく前に上がりました。
3コーナーで、メイン集団の前から4人目くらい。

しかしここで油断して、立ち上がりで前と離れてしまいました。
必死こいて追って、最後の1コーナーまでに追い付きました。
1コーナーを立ち上がり、いい位置からスプリント開始!
…したものの、スプリントする脚はまったく残ってませんでした(T_T)
腰を上げる余力もなく、ずぶずぶと何人も抜かれて終了。。。

結果
15位/600人くらい

逃げが7人、メイン集団は最後は15人だったようです。
その集団の真ん中くらいでした。

168.1km
4:04:40
41.2km/h
1381m
182W(NP 214W, Max 801W)

b0092300_2342768.jpg

メンバーを見ると、当社比よい結果でした。
去年は半分で千切れたわけだし。
ちょっとは成長してるみたいなので、よかったよかった(*´-`)
やっぱり、去年後半からやってる時短トレのインターバルが効いてる気がします。
サーキットのエンデューロも、結局ダッシュの連続でインターバルなので。

みやむーも、無事に完走でよかったよかった。

次のレースは、今週末の埼玉TTです。
今月は王滝もあります。
今月はちょっとレース出すぎで、家庭内で肩身が狭い(´・ω・`)
[PR]

  by dajakart | 2015-05-08 22:23 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(0)

2015 チャレンジサイクルロードレースA-M

登録してから一度も出たことなかったけど、今年、初めて出てみました。

A-E(エリート)とA-M(マスターズ)に出られるけど、Eはプロも出るようなクラス。
1周で降ろされそうな気がするので、迷うことなくMにしました(^^;
Mは35歳以上です。

MはEよりはゆるいはずだけど、過去のリザルトを見ると、今の自分の力では完走できるかどうかギリギリのところ。
完走するのが第一目標でした。

体重は今季最軽量の62kg前半でした。
レース当日は、雨が降ったり止んだりの予報。
結果としては予報通りでした。

スタート時はドライ。
b0092300_135664.jpg

9時過ぎスタートだけど到着が遅れて7時半すぎ。
試走2周くらいでアップ代わりにしよう…と思ってたけど、試走の時間が短くて1周だけでした。
あとで思ったけど、修善寺はいきなりL6とか入るんだからもっとしっかりアップしないとだめだなー。

気温は10℃ちょいで肌寒い感じ。
薄い冬用アンダーに薄い長袖、下は半パンにレッグウォーマでした。

A-Mは出走は35人でした。エントリーは40人以上だったけど、雨予報もあって少なめ。
これくらいの人数だと、並ぶのも平和です。

このレース、ものすごくクラスが多い。ジュニアやアンダーのいろいろクラスと1分間隔でスタートしました。

1周目、まだ余裕あり。
2周目、だんだんきつくなってくる。
3周目、もうダメ…秀峰亭の登りで先頭から遅れました。うーむ、デジャブ。先週と全く同じやないかー!(´Д`)
集団はまだ15人くらいはいる感じ。

ジュニアなど他のクラスの選手が多く、常にコース上に人がいる。
Mの人を探すも、なかなか見つからない。
Mの人3人くらいで列車になりかけるけど、まとまらずに勝手に走ってる感じ。

雨がけっこう降ってきて、路面は完全にウェットになりました。
それほど寒くなかったのが幸い。
新しいPanaracerのタイヤ、ウェットでも不安なくグリップしてくれました。

ギリギリ完走できるかな…と思ってたけど、残り2周に入るところのゴール地点の秀峰亭で降ろされました。
あーあ。
タイムアウト時間は正確には把握してなかったけど、5分くらいでしょうか。

完走は15人。
順位はつかないけど、17番目でした。

今回の自転車
b0092300_135925.jpg

手元計測
28.3km
0:55:28
30.6km/h
862m
?W

以下、ラップタイム。
8:54
9:08
9:48
10:20
10:21

なんか、先週とラップタイム推移が全く同じです( ̄0 ̄;
ま、そりゃそうですね。1週間で急に強くなるわけはなく。
完走するには、千切れてからも10分切るペースで走らないと無理ですね。
まだまだ力不足でした。
ちなみに、Eは序盤は8分台前半だそうな。どんだけー。

Mは特に知り合いもいなくて、午後のレースも遅いのでさささーっと帰りました。
13時くらいに帰宅。
家庭的には、この時間だと平和が保てます(^^;

また来年、完走目指してガンバローっと。
[PR]

  by dajakart | 2015-04-06 21:01 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(0)

JCRC第1戦 修善寺 EDクラス

今年の初レース、出てきました。

今回もまた、旧Zクラス。
今年から、2h固定のED(エンデューロ)クラスとなりました。
しかしEDって…
大抵の男は違う方を想像しますよね(^^;
去年10月の群馬の混乱が活かされて、時間固定になったのでしょう。

10:30スタートなので、9時頃に着くように7時前に出発。
Eに出るひびきさんと、今年からCBに加入したatsuさんと駐車場で合流しました。
一緒に、試走兼アップを2周。
b0092300_031375.jpg

今回の機材。
b0092300_0293471.jpg

JCRCではもったいぶってBoraは使わなかったけど、今回は投入。
5年ぶりに交換したチューブラーの感触を掴む意味もあり。翌週のチャレンジロードに向け。

EDクラスは、いつものように強豪メンバーが多数。いつも、Sのペースと同等なんですよね。
去年は1周もたずに千切れてしまったけど、今年はどこまでついていけるか。
気温は20℃くらいになるとの予報だったので、今年初の半袖半パンにアームウォーマー。
前日夜に、あわててスネ毛を剃りましたw
途中で暑くなってアームウォーマーは取りました。

1周目、ローリングスタート。
なるべく登りで遅れてもいいように、前の方にいました。
単発的に飛び出す人がいたけど、集団のペースはそんなに上がらず。
お、去年よりいけるかも。
2周目、ペース速い。きつい。もうダメ。
3周目、1つめの登りで遅れかけるも、下りで最後尾に合流。けど、もうムリ。秀峰亭の登りで遅れてしまいました。

去年よりもったのでまあいいか。
後ろを振り返るも、しばらく誰もいない。
しばらく単独で走ってると、違うクラスの集団のお尻に、金魚のフンのようにEDの人が数人。
その中から、結果的に3人で列車となりました。

この3人列車が脚が揃ってて、いい感じにローテしてペースを保つことができました。
ポンズの方と、白・ピンク・紫のジャージの方。
登りでなるべく前に出てペースを作り、下りは牽いてもらう感じで。
おかげで、10:30前後の一定ラップタイムを刻むことができました。

8周目だったか9周目だったか、先頭に抜かれラップダウンになりました。
3-4人が先行してたかな。しばらくして10人くらいの集団。

3人列車は、終盤に一人が遅れ、最後はポンズの方と2人になりました。
最終ラップの最後の坂で、ポンズの方がペースアップ。全くついていけず。。。
最後は単独ゴールとなりました。
b0092300_0293065.jpg
(atsuさんありがとうございます)
59.4km
2:01:36
29.3km/h
1836m
?W

トップからは2周遅れ。
あれ、1回しか抜かれなかったけど…あ、そうか。
2h経過の直前に先頭はゴール通過して、もう1周できたのか。
去年までと違うところです。

以下、ラップタイム。
9:23
8:54
9:47
10:32
9:27
10:34
10:35
10:30
10:24
10:28
10:33
10:27

8分台とか、自己最速ラップかも?
去年よりは少しは成長していたようなので、よかったです。
Bora効果も大きかったように思います。登りはもちろんのこと、下りが速い。
近所で軽く試走した時も、下りの速さを特に感じました。

Eクラスのひびきさんは、なんと優勝!!すごい!
3人スプリントを制したようです。
時短トレーニングの効果が出ましたね!
atsuさんも、Cでしっかり10位に入るあたり、今後に期待です。
XのI神さんは残念。Xは毎回めちゃくちゃ強い人がいますなー。

ゴール後、しばぞーさんのGokisoにちょっとだけ乗せてもらいました。
ほんの短い距離をゆっくり走っただけですが、速度が乗った後のスムーズさというか、スーーっと進む感じがわかりました。
Gokisoの人と一緒にローテしてても下りでかなり踏まないとついていけないというから、かなりの省エネ効果がありそうです。
お金があれば欲しいけど…むりっす。。。

次は、翌週のチャレンジロード@修善寺。
初めて出ます。
マスターズの年齢なので迷うことなくA-Mにしたけど、完走できるかなー。。。
[PR]

  by dajakart | 2015-03-31 23:01 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(8)

11/23 MTB FESTIVAL in 緑山スタジオ

お楽しみMTBレースに出てきました。

先週の修善寺のもいいなあと思いましたが、なんせこっちの方が近いので(^^;
緑山スタジオは実家からすぐそばです。
昔、ゴルフ練習場に来てましたが、MTBでは初めて。
広いですねー。立派なMTBコースでした。ぜひとも常設に(笑)

今回は、完全に置物化していた義兄のハードテイルバイクをレンタルできました。
3年前のBoardman HT Proです。
BoardmanなのでもちろんWiggleで。
b0092300_1253022.jpg
重量は、約12kg。アルミにしては軽いのではないかな?
フルサスのLapierreはなんと14kgもありました( ̄0 ̄;
ちょうどハードテイルバイクがほしかったので、借りられてよかった(^^)
2kgの軽量化は大きい。
ついてるパーツも、Lapierreより良さげ。
特にフロントサスは、なんと言うか、路面追従性がいい。なめらかな動きでした。
フロントギアはダブル。アウターは小さいので舗装路の下りではぜんぜん足りないけど、XCコースだと十分。
リアスプロケも確か最大36だったので、今回はフロントインナーを使うことはなかった。

MTBクラスのレースは12:40から。試走は朝早かったので、無しで。
11時前にまったり到着。
今回は急きょ家族も来てくれました。
適当に場内で遊んだりアップしたりしつつ。
天気がよくて、半袖半パンで十分な気温でした。
こけるのを考えて下はレッグウォーマ履いたけど。

ゼッケン順に招集されました。番号が若かったので、ひびきさんと共に最前列で。
2時間レースのはずが、天気もいいのになぜか1時間40分に短縮となりました。
b0092300_23511572.jpg

そしてスタート!
コースも知らないし、まあそんなにセカセカしなくていいかあ…とまったりしてたらみんなすごい勢いでゴボウ抜きにあいました。
b0092300_23495984.jpg

林のなかに入るところ。
b0092300_2350032.jpg

ちょっとした急坂部分で、案の定止まった人がいて後ろは渋滞。足つきストップ。
b0092300_2350044.jpg
そこからの再スタートにもたついて、さらにゴボウ抜きにあいました(ToT)
素早い乗り降りの練習しないといかんな。
あと、こういうコースではスタートダッシュが超重要ということを学習しました。

たぶんコースの最高地点。1周で獲得標高は20mくらいでした。
b0092300_2350562.jpg

一番奥の、ちょっとした急坂コーナー。
ここでも止まる人がいて、後ろは足つくことがしばしば。
かくいう自分も、一度だけ手前で前輪を滑らせて転けました(^^;
後ろはいなかったけど。
b0092300_235052.jpg

唯一(?)得意だった下りの連続ヘアピン。
b0092300_2350596.jpg

トンネル。ぬかるんでました。
b0092300_2350925.jpg

最後のシケイン。
b0092300_2350965.jpg

てな感じのコースでした。
ものすごい難所はないけど、やっぱりうまい人とはテクニック差が大いに出ますねー。
速い人との速度差に愕然としました(´Д`)

自分はこんな感じ。
こうして見ると、ずいぶん上体が起きてるなー。なんせ借り物自転車のサドル高だけ合わせたのみだったので。
b0092300_23512181.jpg
Lapierreでもそうだったけど、とにかく腰が痛くなって参った。ちょっとした直線で必ず腰を伸ばしてました。

ひびきさん。
b0092300_23512433.jpg

息子と嫁さんを見つけて、余裕ないけど余裕のピース。
b0092300_23512645.jpg

息子は、パパがんばれーって応援してくれたり、適当に遊んでたり。
もう応援できるくらいにまで大きくなりました。うれしい限り(^^)
b0092300_23512938.jpg

レースの方は、速くない人を抜いたり速い人に抜かれたり。
林のなかは抜きどころは少ないので、詰まってしまうとロスが大きい。
背中にゼッケンないので、同じクラスなのかどうか全くわからず。

30分くらい過ぎてからは、長いなー早く終わらないかなーと毎周ゴールラインの経過時間を見て思ってました(^^;
1時間40分になるギリギリ10秒くらい前にゴールライン通過し、最後にもう1周できました。

結果は17位/出走31人。
なんだ半分にも入れなかったか…とガッカリ。
ひびきさんは21位。この間の房総練で負けたリベンジ!w
ガッカリはしたものの、後で調べると上位の人はJシリーズのエリートだったりエキスパート上位だったり。スポーツの上位の人も近い順位だったり。
…と考えると、MTB素人としては悪くない順位ではないかと思えてきました(^^;

来年はもっとテクニックを磨いて、もう少し上位を狙いたいところです。
ひびきさんと話したけど、こういうXCレースで必要なパワーはVO2Maxどころかもっと上、L6とかL7のインターバルが必要ですね。
400~500Wで10秒とか15秒とか。
ロードレースとはまた違う。
しかもそんな心拍Maxの状態でミスなく自転車を操らないといけない。ミスイコール、コースアウトなので。
大変です。

動画はYoutubeにアップしました。
https://www.youtube.com/watch?v=oaoFvqpwuVA
ずっと見てると酔いました。。。
ハンドルにつけたのですが、こういうコースだとハンドル操作が多いのでダメですね。
ヘルメットにつけるべきでした。
[PR]

  by dajakart | 2014-11-25 23:13 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(4)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE