カテゴリ:自転車:レースレポート( 146 )

 

2014ツールドおきなわ140km 動画編

撮った動画をYouTubeにアップしました。

使用カメラはソニーのHDR-AS100V。
ハンドル上にマウントしています。(まことさん撮影)
b0092300_0151437.jpg

実は上下反転設定のまま撮影してしまい、後で見たら全部上下逆さまだったので焦りました・・・
しかしYouTubeの編集で反転できたのでよかったよかった。
YouTube様様。
速度表示はソニーのPCソフト上でつけるため、反転した状態で表示がついてしまうので今回はつけてません。

2014ツールドおきなわ市民140km① 1回目普久川入り口手前からピークまで
b0092300_0161286.jpg
登り終盤で遅れるの図。

2014ツールドおきなわ市民140km② 1回目普久川ピークからのダウンヒル 先頭集団に追い付くまで
b0092300_0164897.jpg
約30秒遅れでピーク通過、下りでどうにか先頭に追い付きました。

2014ツールドおきなわ市民140km③ 奥の登り
b0092300_017810.jpg
一定ペースで淡々と。しかしけっこう苦しかった。

2014ツールドおきなわ市民140km④ 2回目の普久川で先頭集団で入るも中盤で遅れる
b0092300_0202719.jpg
中盤で力尽きました・・・。

2014ツールドおきなわ市民140km⑤ 2回目普久川のピークからのダウンヒル
b0092300_026184.jpg
この途中でバッテリーが切れたようです。

普久川1回目、同じくらいの位置を走っていた人の動画を発見しました。
16:24くらいの登りで抜かれるのと、18:05に下りで抜いていく青パンが私です。
https://www.youtube.com/watch?v=xzvy9ImNE7A

さらにこちらでも5:30頃登場。登りで抜かれてます。
25:40にも登場。しばらく一緒に走っていたようです。
https://www.youtube.com/watch?v=xo71naquWiE
[PR]

  by dajakart | 2014-11-14 00:49 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(0)

2014 ツールドおきなわ市民140km

今年も出てきました。シーズンの集大成、ツールドおきなわ。
今年も140kmです。
140は去年に続いて2回目。去年は脚が攣りまくってダメダメな78位だったけど、今年はもう少し上を狙いたいところです。

今年は家族同伴で。息子は2歳ですが、2歳はまだ飛行機もホテルも無料なので助かりました。飛行機は膝の上なのでちょっと大変だけど。

土曜の朝便で沖縄入り。レンタカーで名護へ。受付を済ませて、たしか16時前くらいにはオクマに着きました。
去年の反省から、今年はオクマを速攻でゲットしました(笑)

夕方のビーチを散歩。
b0092300_0252111.jpg

ヤドカリパークというのがあって、息子はヤドカリが大好きになったようです。ずーっと見てました(笑)
後にレース中に、「ヤドカリ見てた子のパパですよね!?」と声をかけられました(笑)
b0092300_0323841.jpg

夜は炭水化物をたんまりと。
実は不摂生がたたって、ちょっと体重が多めだったので最後の1週間は悪あがきとして夜の炭水化物抜きダイエットしてました。
それでけっこう落ちたけど、沖縄入り前日にようやく63.5kg。ベストより1kgは多かった。来年はもっと絞ろう…(汗汗)

レース当日は6時くらいに起きました。睡眠は7.5hくらい。
家族が荷物持ってくれるので、荷物預けはなし。ギリギリまでゆっくりできました。

朝食はごはん2杯とパンとか。
今回の補給食はこんな感じ。
今回試したのは、攣り対策に芍薬甘草湯。これをスタート前に一袋、中盤に一袋。
これのおかげかわからないですが、今回は筋肉がビクンビクンと攣る寸前には何度もなったのですが、完全に攣ることはなかったです。
b0092300_025528.jpg
いつもの高低図。
b0092300_0252262.jpg
いつもの決戦用自転車。
b0092300_0252160.jpg
ゼッケンプレートが、今回は雨でみんなベロリと剥がれてました。
でもたしか2010も雨降ってた気がするけど、そこまでベロベロにはなってなかったような?

アップは、海岸線道路を25分ほど走りました。
風が強い…。北からの風でした。

「ゼッケン50番以内は前からスタートしてよい」というルールがあるので、しばぞーさん、A5さんとともに遠慮なく前に入らせてもらいました。自分はギリギリ50番以内だけど(^^;

スタート前。(まことさん撮影)
b0092300_0252037.jpg

そして9時ちょうどにスタート!
去年はトンネル手前のなんてことない場所で落車があって止まったけど、今年は向かい風もあってかペース遅めで平和でした。

ここからは、アクションカム動画からの切り取り写真で。
普久川登りに入る手前。30番くらい?で入りました。
b0092300_048423.jpg
左はチームメイトのA5さん。
b0092300_0484764.jpg

去年は落車の影響で入り口から遅れてたけど、今年は集団で。ここの登りは割と緩いので、集団効果大です。こんなに楽だとは。
…と思えたのは序盤まで。だんだん苦しくなってきます。
なんとか頂上まで…と頑張りましたが、登り終盤であえなく千切れました。
b0092300_048507.jpg
■普久川1回目
18:57 / ?W / 7.3km / 334m

去年は先頭が19分くらいだったはずだから、少し速いのかな。

まだそんなに遅れてないはず。
下りと、海岸線は集団のペースが落ちるはずなのできっと追い付くはず。
あとでログを見ると、ピークで約30秒遅れだったようです。
ボトルは2本持ってたので、補給は取らず。

ウェットだったので、下りはリスクを犯さず安全マージン多めで。
それでも、2車線きっちり使って下るとほぼノーブレーキでいけました。けっこうな人数を抜けました。せっかく2車線あるのに左しか使ってないのはもったいない。
b0092300_0485495.jpg

ほどなくして先頭集団に合流。ほっ。
A5さんやしばぞーさんと会話。
お久しぶりのU田くんも声かけてくれました。しばらく自転車から離れてたけど最近また乗り始めたそうです。それで15位ってさすが。

奥の登り。
b0092300_0442877.jpg
去年は第2集団でまったりペースだったけど、今年は奥もきつい。強い人には余裕のペースなんだろうけど。去年より2分近く速かった。

■奥
10:39 / ?W / 4.1km / 186m

追記:
他の人のブログ見ると、奥の下りで先頭付近で落車がありました。
そうだった。すっかり記憶から抜けてました。集団後ろだったので問題なく回避。

南下する海岸線は追い風。
ふとメーター見ると50キロとか出てる。
しかも一列棒状になったりして、ペース速い!
ここらはまったり走行を期待してたのに…
結局、2回目の普久川前にもかなり脚を使ってしまいました。

脚の疲労具合からして、自分の中では普久川に入る前から諦めムード。
2回目の普久川は、中盤で先頭から遅れてしまいました。

■普久川2回目
21:17 / ?W / 7.3km / 334m

先頭は、1本目と同じ18:30くらいだったようです。
補給はボトル1本もらいました。
2回目の下り序盤で、カメラの電池が切れてしまったようです。

この日の最高気温は25℃くらいかな?
たまに日が出ると、暑かった。それなら雨の方がいい。(下りで差が出やすいし)
油断して日焼け止め塗らなかったら、けっこう焼けてしまいました。

■学校坂
7:22 / ?W / 1.8km / 128m

無理のないペースで。
しばらくは列車が見つからず、単独走。
この日は終始風が強く、単独では全くペースが上がらなかった。
しばらくすると後ろから数人来たので合体。
人数の増減はあったけど、結局140の人が6-7人で、その後ろに100の人がいっぱいついてくる感じでした。
100の人たちは金魚のフン状態で、140の人のみでローテ。自分ももちろん参加。

去年は脚のほぼ全ての筋肉が攣って全く踏めなかったけど、今年はビクビクと攣りそうにはなるものの結局攣らなかった。
これは大きな違いです。

慶佐次の補給ではボトル2本もらいました。

どうにかこうにか、羽地ダムまで辿り着きました。
ここで列車はバラバラに。各自のペースで進みます。
自分ももう踏めなかったけど、去年よりはマシでした(^^;
ここで210の単独のよっしーさんに抜かれました。
たしか210は何人か先行してたはず。
結果、4位だったようです。

■羽地ダム
7:40 / ?W / 1.7km / 110m

ダムの3段坂を越えて、下って橋を渡るところでは猛烈な向かい風。全く進まなかった。

国道に出ると今度は猛烈な追い風!これは助かりました。
140の人3人列車になりました。
この3人で最後までペース落とさず、ローテしながらゴールを目指しました。ずっと40キロオーバー。
おきなわはこういうのがいいですね。協力してゴールを目指すとか。普段のレースではなかなか味わえません。

■イオン坂
1:29 / ?W / 0.6km / 23m

最後は特にスプリントもせず、流れでゴールでした。
3人のうち一人は、Stravaの近所のセグメントで上位でよくお見かけするKuniさんだったのでした。(あとでStravaで判明)

あー、今年もこれで終わった!

【手元計測】
タイム 4:31:21
距離 142.2 km
平均速度 31.4 km/h
最高速度 75.4 km/h
獲得標高 2016 m

【公式記録】
33位/出走394人(完走173人)
4:28:43
31.25 km/h

去年より、順位は半分になりました。
しばぞーさん6位、A5さん10位。すごい。
来年は自分は順位をさらに半分にしたいところです。
20分300Wを2本できるくらいにならないとなー。
ともあれ、今回は力は出しきれたので悔いはなし。楽しかった!

翌日は、家族で美ら海水族館へ。
水族館そのものもいいですが、外にも子どもが遊べる遊び場があっていいですね。
息子も、沖縄をいろいろ楽しめたようです。

動画は、youtubeにアップしたので別記事にて
[PR]

  by dajakart | 2014-11-13 01:18 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(2)

2014 JCRC第7戦群馬

出てきました。今回もZクラス。
おきなわに向けてロングを走りたいところですがなかなか時間が取れないので、貴重な長距離高強度トレーニングです。

6時半開門で、6時過ぎに到着。
上のPに入れました。
朝の気温は一桁は予想してたけど、なんと4℃。寒すぎです。
でも快晴なので、昼くらいには気温がけっこう上がるはずなので、半袖半パンにアームウォーマー&レッグウォーマーという装備にしました。それほど寒くは感じなかった。
試走兼アップは2周。

今回の自転車。PTホイールで。
b0092300_23331763.jpg

ボトルは2本持ったけど、2/3くらい残りました。補給はピットインリキッドを3本。

7時45分にスタート。
今回のZは70人以上でいつもより多め。
序盤は大集団なので気を使います。
なるべく前にいたかったけど、前に30人くらい見える位置でウロウロしてました。

4月の群馬Zと同様、ペース速かった。
心臓破りで1分10秒を切るくらいで、ラップは10分切るペース。
去年のZはもっとまったりだったけどなあ…。
4周目の心臓破りで早速遅れてしまいました。
6周くらいのレースなら死ぬ気で食らいつくところですが、先は長いので早々にあきらめ。
まだ30人くらいはいた様子。

3周目の心臓破りは1分7秒で平均350W。
5.5W/kgくらい。
先頭集団では、そんな感じで9分台のペースが10周くらい続いていたようです。Sの人のログを見ましたが、Sも同じくらいのペースでした。

そのくらいの出力で30-30インターバルはメニューでよくやってたけど、それではついていけませんでした。1分以上で、それを10本以上繰り出せるようにしないと。

あとは、適当なグルペット集団で周回しました。ラップは11分台。
前から落ちてきた人たちを吸収し、グルペット集団もそこそこの人数になってたみたいです。
グルペット集団ではそこそこ前も牽けました。

その集団内で「もしかしてダジャラーさんですか!?ブログ見てます」とFitteの方に声をかけてもらえました。足利出身の方だそうです。ありがとうございます。
もはや自分にとっては、足利は第二の故郷です。

中盤で、自分の自転車のどこかから「カンカンカン・・・」と嫌な音が。
ふと下を見ると、フロントフォークにつけていた計測器が緩んでフォークの一番下まで落ちて、スポークに当たっていたのでした。
手で引っ張り上げて、その後は大丈夫でした。ふー。

集団のおかげで時間の経過も早かった。
そろそろゴール近いかな…と思ってフィニッシュラインの残り周回表示を見たけど、よくわからず。
周りの人に聞いても誰もわからず。
みんな惑わされました…。
かくいう自分も、18周で終わりと思ってグルペット集団からペース上げて抜け出し、がんばってゴール!と思ったらフィニッシュラインで「Zあと1周~」と言われて愕然としました…(´Д`)

気を取り直して19周目。グルペット集団はバラバラになり、誰が同一周回か全くわからない。
最後は同一周回かわからない3人でいちおうスプリントして2着。
が、あとでリザルト見たら3人とも違う周回でした(笑)

先頭集団でも混乱があったようで、一度ゴールで全員止まったけど、「やっぱりもう1周ね」みたいな感じでまた走らされたらしい。
それはちょっとひどいなあ。
そんなグダグダになるんなら、Zも固定周回数にすればいいのにね。

公式記録
26位/78人
3:27:45
32.9km/h

トップからは1周遅れでした。

手元計測
19laps
112.9km
3:27:44
32.6km/h
2371m
185W

おきなわ140くらいの獲得標高で、最後までそこそこ踏めた(当社比)のでそこは良かった。
最後までトップに残るには、まだまだまだまだ足りない。
また来年がんばろう。

Eに参戦のひびきさんは、スプリントで敗れて7位。
一番悔しい順位ですなあ…(^^;

実は今回もオンボード動画撮ってたのですが、あとで楽しみに見ようとしたら撮れてなかった…(ToT)
これはショックでかかったです(/_;)
[PR]

  by dajakart | 2014-10-21 23:35 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(2)

2014 SDA王滝42km 車載動画

車載動画をアップしました。

の前に、リザルトをよく見直してみると、やっぱり自分が30代1位で正解のようです。
総合1位の人が30代1位ってなってるけど、よく見ると40歳なので40代の間違いですね。送られてきた表彰状にも30代1位って書いてありました。
ま、トップとの差は歴然としてるので、大したことではないのですが。

ま、それはいいとして、本題。
レース模様がはっきりわかる、なかなかいい動画が撮れてました。
しかし1時間半くらいで電池がなくなって、録画は終了してたようです。
下りがヘタクソなのはご容赦ください(笑)

最初の登り
https://www.youtube.com/watch?v=np_nM3Hcd60
大渋滞の図
b0092300_14291.jpg
b0092300_142960.jpg

最初の下り
https://www.youtube.com/watch?v=gU0wrFzuKB0
いきなり1人抜かれ、「そんなに遅いのか…」と凹みましたがその後1人抜いて、最後に2人に追い付いたので極端に遅いわけではないかと。
でも上手い人とは簡単に分単位の差がつきそうです。
b0092300_163981.jpg
b0092300_163960.jpg

舗装のダウンヒル
https://www.youtube.com/watch?v=PMQxQY5zNe8
コース中盤の、舗装路のダウンヒル。
道が狭くてスリリングでした。
ちょうど3人パックになったので、ローテーションしながら。
動画中の7:40くらいから真っ暗な200mくらいのトンネルに入りましたが(700ルーメンのライト全開)、出口付近で道路中央が突然砂利になり、ハンドル取られて危うく落車寸前でした。
実際、落車した人もいたようです。
b0092300_184761.jpg
b0092300_184734.jpg

最後から2つ目の下り
https://www.youtube.com/watch?v=2ZQNR76zHJI
テクの無さを露呈して、前の人はあっという間に見えなくなりました(涙)
b0092300_191770.jpg

[PR]

  by dajakart | 2014-09-22 01:14 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(2)

9/15 2014 SDA王滝42km 秋

初めての王滝、出てきました。
結果から先に言うと、42kmクラスで総合7位、30代男子では2位でした!
ゴール直後にもらった完走証では30代1位と書いてあったものの、後でリザルト見ると2位でした。
1位とぬか喜びしてしまったけど、それでも自分でビックリの結果です。

【訂正】
正式リザルトを改めて見てみると、総合1位の人は40歳なのに30代1位ってなってるのが間違いですね。やっぱり自分が30代1位で正解のようです。

MTBをやるからには、有名な王滝に出てみたかった。
ロードのツールドおきなわみたいな感じでしょうか。
日本ではなかなかない長距離レース、周回ではなくラインレース、アップダウンに富んだコース、距離によるクラス分け・・・等々、共通点があります。
今回は、秋の王滝では一番短い42kmクラス。MTB初心者なので。
おきなわでいうところの、50kmクラスみたいな感じでしょうか。

泊まりのレース参加はなかなか家庭内許可が下りないので、今回は前日夜に出発して現地で少し車中泊作戦。
日曜の夜はごはん食べて息子とお風呂に入って、21時に出発しました。

圏央道がだいぶつながったおかげで、神奈川南部からの中央道アクセスが良くなりました。
うちからだと、30分は短縮してます。
1時半に到着。4時間半かかりました。
それでもやっぱ遠い。

到着してすぐ寝ました。
4時半まで、3時間くらいの睡眠。
寒くて目が覚めました。
朝の気温は7℃くらい。標高1000mをなめてました。
次回は、車中泊は毛布を持っていこう。

なお、一緒に42kmに出るはずだったひびきさんは腰を傷めて無念のDNS。
一人さびしく参戦でした。

今回の自転車。これしかないけど。
b0092300_131162.jpg

以下、装備品です。備忘録。

バイク: Lapierre X Control 210
タイヤ: IRC Mibro for Marathon 2.1 Tubeless (2.5bar)
持ち物:
 ・スペアチューブ3本
 ・CO2インフレーター(カセット3本)
 ・パッチ
 ・タイヤレバー
 ・携帯工具
以上はサドルバッグに。チューブとCO2カセットは2本でよかったかな。
 ・ポンプ(フレーム装着)
 ・アクションカメラ(ハンドル装着)
 ・ライト(ハンドル装着)
 ・ドリンク(ボトルで700cc弱)
 ・補給食(メイタンCCC3本をフラスクで。あとピットインリキッド1本)
 ・スマホ
 ・レッグウォーマー(スタート前に脱いだ)
 ・アームウォーマー(途中で脱いだ)
忘れたもの:
 ・タイヤブート
 ・チェーンピン(もしくはミッシングリンク)
次回は持っていこう。

暑くなる場合はボトルを2本持てるよう、サドルの後ろにつけるボトルケージも用意してました。
が、朝寒かったので1本にしました。最悪、給水もあるし。
結果的には余裕でした。
当初はハイドレーションパックも考えたけど、42kmなら2時間ちょいだから不要と判断しました。
重いの背負うの嫌だし。
リアサスは、登りのロスが少なくなるよう、固めのセッティング。(11bar)
フロントも。
タイヤは2.5barだったけど、いまいちグリップ感なかったのでもうちょっと低い方がよかったかも。


で、5時前に受付しました。
42kmは7時スタート。
会場の松原スポーツ公園から42kmのスタート地点までは11km。アップにちょうどいい距離です。
5時半くらいに出られれば・・・と思ってましたが、前日からお腹の調子が悪く、数時間おきにPPな状態。
当日朝も、緊張もありPP。
トイレ行列に並んで、済ませました。幸いにもレース中は大丈夫でした。
というわけで、出遅れてしまいました。

スタート地点に向かう道中は、ゆっくり走ってる人が多かった。
自分は、アップなのでそれなりのペースで。少しでも並ぶ位置を前にしたいこともあり。
けっこうな人数を抜きました。
6時半前くらいに到着。もうすでにかなり並んでる。。。
b0092300_1312869.jpg

すでに100人以上は前にいそうです。完全に失敗。。。

ところで今回のコースはこちら。(実走ログより)
b0092300_0582863.png

スタート直後から登り。標高差500mくらいの山です。
そこを下ってから、標高差350mくらいの登り。
100mくらい下って、100mくらい登って、最後は400mくらい下ってゴールです。

半袖半パンにレッグウォーマーとアームウォーマーをしてましたが、スタート前にレッグウォーマーを脱ぎました。
アームウォーマーはレース中に脱ぎました。
レース中は半袖半パンでちょうどいい気温でした。

そして7時にスタート!
舗装路をパレード走行後、グラベルの登りに入ります。
後ろの方になってしまったので、いきなり大渋滞。。。
b0092300_0463027.jpg

なんとか隙間を縫って、どんどん抜いていきます。
最初から、先頭なんて見えてません。この時点でかなりの差。あ~あ。

しばらくすると、空いてきました。
b0092300_0463355.jpg

勾配があるところでは、ダンシングすると後輪が滑って進みません。
なので基本はシッティング。
でも腰が痛くなってくるので、ゆるくなったらすかさず腰を伸ばしてストレッチしてました。

ログを見ると、35分くらい登っていたようです。ロードでヤビツ登るくらいですな。
けっこうな人数を抜きました。
そして下り。
こんなガレた下りなんて走ったことないので、慎重に・・・
遅かったみたいです。いきなり1人に抜かれました。でもその人はその先でメカトラストップ。
その後、1人抜いて、最後に2人に追い付きました。
思ったほど遅くなかったのかな??
b0092300_046392.jpg

舗装路の下りに入ります。
b0092300_0464321.jpg

運のいいことに、3人パックになりました。
舗装の高速ダウンヒルを、ローテしながら駆け抜けます。
道が狭いので、なかなかスリリングでした。
b0092300_0464849.jpg

真っ暗なトンネルに突入!通勤で使ってる700ルーメンのライトを全開です。
b0092300_0465241.jpg

しかしトンネルの出口付近にトラップがありました。
道路中央が、工事中なのかいきなり砂利地帯に。
ハンドルを取られ、危うく落車するところでした。肝を冷やしました。。。
他にもハマった人いるのでは??

しばらく舗装を下りました。すると今度は舗装の登りが現れました。
一緒のパックだった人に「今何位くらいですかね~?」と聞いてみましたが、「わかりませーん」とのこと。
あと何人前にいるんだろう。
舗装の登りで少しペースアップしたところ、パックから抜け出すことに成功。
まだ脚は残ってます。

しばらくすると、またグラベルの登りに。
前の白ジャージの人と同じくらいのペースで登ってましたが、左の大腿四頭筋がピクピクと攣りそうに・・・。
ちょっとペースダウン。白ジャージの人には置いて行かれました。
軽く回してたら、なんとか脚は回復。

その後、黒ジャージの人を抜きました。その前には青ジャージの人も見えるけど、届かない。
うーん、今何位なんだろ??

登りのピークを過ぎて、少しの下り。
離したはずの黒ジャージの人に追い付かれました。
この人の下りも速いんだろうけど、自分の下りも遅いんだろうなきっと。
登り返しで、また見えなくなるまで離したものの、最後の下りであっという間に抜かれました。。。orz
この下りは、簡単に分単位の差がつきますね。

最初の下りより後半の下りの方が、道が荒れていた気がします。
b0092300_0465856.jpg

最後のほぼ平坦で、抜かれた黒ジャージの人が見えました。
がんばったものの、追い付かず。
そして無事ゴール!

ゴール地点にて
b0092300_131206.jpg

すぐに完走証がもらえました。
総合7位、30代1位ですと!!
が、これはぬか喜びでした。正式リザルトでは、30代2位が本当でした。
それにしても、自分でビックリの順位です。

「すぐ帰ってこい」指令が出ていたので、さっさと帰りました。
いちおう、大会本部で「表彰式は出られません」と一言告げて。表彰されるのか知らないけど。
9時にレースが終わるのに、表彰式16時はないよな~。
しかし、早く出たものの、12時台からの小仏20km渋滞に見事にはまり、帰りは6時間半かかりました。
疲れた。。。
3連休最後の中央道は最悪。

このタイヤは良かったです。IRC Mibro for Marathon Tubeless
b0092300_1311353.jpg

3-4人くらいパンクストップしてる人を見ましたが、このタイヤは後でチェックしても、傷ひとつなかった。
舗装路の転がり抵抗も非常に良かったです。中央のノブが低くて間隔が狭いからかな。
大きな武器になりました。

公式記録
 2:07:48 (総合7位/397人 30代2位)
トップとは6分差。

下りがヘタクソなので、もっと磨けば分単位で縮められそう。
しかしあんなガレガレの下りなんて練習できる場所はそうそうないので、経験値も必要なんだろうな。
スタート位置も超重要。今回は渋滞でけっこうロスしました。
あとは機材。軽量ハードテイルなら登りはもっといけるはず。
まあ買えないけど・・・w
下りはフルサスの恩恵がありましたが。

1位と思ってたのが2位だったのは残念でしたが、また来年のお楽しみ。
まだまだ縮める要素はあるので、今から楽しみです。
来年は5月も9月も出たいなあ。

レース動画は、また別途。
[PR]

  by dajakart | 2014-09-20 09:21 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(5)

9/7 JBCF タイムトライアルチャンピオンシップ@渡良瀬

出てきました。

先週と同じく、朝から雨。
そして先週と同じく、スタートする頃には止むという天候でした。
気温も、半袖でじっとしてると少し肌寒いくらい。

渡された計測器用のタイラップは…
b0092300_0225488.jpg
エアロフォークだと短くて届かないという、残念な感じ。
ま、こんなときのためにタイラップはいつも工具箱に入ってますが。カートで使ってたのがまだ残ってます。

今回の自転車。いつもと同じです。
b0092300_0224873.jpg

今回は、試走しました。
けっこう風が強い。ぐるっと1周するので、風向きが変わる。
スタートして横風から段々追い風に変わり、90度左コーナーを回ると強い向かい風。
橋を渡って左に折れると横風になり…という、ペース配分が難しいコンディション。
これは、E3の人はみんな本番は同じ感じだったと思います。
アップ兼試走は3周しました。

去年ひどかった車検は、今年はまともでした(^^;
見るのは、サドル後退幅とバーの突き出しくらい。予備車検場もあり、本番車検場もスムーズでした。
自分の場合、サドル後退幅は余裕でした。
もっと前に出そうかな。
バーの突き出しは、75cmをわずかに超えてたけど「身体的特徴」によりOK。
自分の身長の場合は80までは出してもOKそうなので、今後はもう少し出そうかな。

で、9:51にスタート!
目標は、去年より20秒アップ。
最低でも10秒は更新できると思ってました。
30秒間隔でスタートでしたが、1つ前の人がDNSだったので、目標がいなくなってしまいました。

序盤は抑えめに。
段々路面は乾きはじめてたけど、まだまだ水溜まりが多く、左コーナーも安全マージンを多めに取りました。
橋を越えて、1分前の人を抜きました。
お、けっこう速いのでは!?と勘違い。
ところが最後の橋を越えてタイムを見ると、もう7:30越えてる。あら、遅い。。。
最後上げたけどもがききれずゴール。

タイムは7:55。
去年より2秒更新しただけ。遅い。。。(´Д`)
たぶん平均で300Wも出てなかったのでは。

公式記録
7:55:83
5.30 km
40.09 km/h

手元計測
7:56:7
5.43 km
41.0 km/h

あとになって考えると、抑えすぎでした。脚を残してしまった。
なんとも不完全燃焼。もう1回走りたい気分でした。
遅くても出しきればそれなりに満足だけど、出しきれず遅いのはとても悔しい。。。

E3は出走109人で、44位でした。
チームメイトのA5さんは8位。おしい!

あとはE2の山Pの応援です。
b0092300_0225479.jpg
b0092300_0224955.jpg
b0092300_0225598.jpg
b0092300_0225080.jpg

思ったのは、やっぱりTTバイクでもパワーメーター使いたい(*´-`)
わかっちゃいるけど、やっぱりTTこそパワーメーター。しかし資金難(/_;)
来年、どうにかしたいところです。

息子もTT仕様です。
b0092300_17555923.jpg


[PR]

  by dajakart | 2014-09-09 17:59 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(0)

8/30 TTジャパン袖ヶ浦&TokyoエンデューロSummer

タイムトライアルジャパンの第3戦、袖ヶ浦に出てきました。
ついでに、同時開催の4hチームエンデューロにも出てきました。

試走する気満々で会場についたのですが、けっこうな雨。
本番まで時間が開いてることもあり、濡れて冷えそうなので試走はやめときました。
今までとは違ってアップダウンがあり、コーナーも多いので是非試走で感覚をつかんでおきたかったのですが。
8月とは思えない涼しさでした。

いつもと同じ自転車ですが、今回は短いのでボトルケージなし。
b0092300_0471137.jpg

ローラーで30分くらいアップ。
ミノウラのローラー用クイックを忘れてしまい、危うくローラーが使えない事態でしたが、ひびきさんが持っていたので助かりました。
ミノウラのローラーは専用クイックじゃないと使えないので、こういう時のために車に1本置いといた方がいいですね。

9:51にスタート。雨は止んだものの完全ウェット。
↓今回も、写真サービスです。
b0092300_0471591.jpg

2.4kmのコースを3周で7.2km。
1周で30m登ります。
今までド平坦のTTしか経験なかったので、ペース配分が難しい。
足を止める時間もけっこうあるので、登りはVO2Max以上で踏む!という方針でいってみました。
本番はパワーメーターないので感覚頼りですが…(^^;

1つ目のヘアピンは、バンクがついてコーナー出口も広いので、思ったより速い速度でも抜けられそうでした。
ちょっと減速しすぎました。
最終ヘアピンがウェットだとグリップなくて、難しかった。
2周目の最終ヘアピンでも滑り出しそうな気配がありましたが、3周目でもう少し速い速度で入ったところ、見事にリアがスライド。
幸いにもすぐにグリップが回復したので、事なきを得ました。

公式記録
10:52:944(39.69km/h)
20位/32人

いつもと同じくらい…ですが、いつものメンバーとのタイム差を見ると、相対的には少し良かった気がします。

いつものオンボード動画はこちら

10:07くらいで、リアを滑らせていますw
このとき前を走るのはイカ娘さんですが、最終ヘアピンはクリッピングポイントを奥にとって、直線的に立ち上がってますね。
ウェットのときはこのラインの方が速そう。
倒す時間を短くして、ペダリングを早く開始できます。


11:50から4hエンデューロのスタート。
今回はひびきさんと2人チームです。
1番手はひびきさん。
交代は最小の1回で、2hずつ走る予定でした。
ジャージは着替えて、大井松田カートランド自転車部ジャージになりました。

いい感じに、ひびきさんは先頭集団で周回を重ねます。
b0092300_0472474.jpg

ところが1時間を過ぎたところで、力尽きて切れてしまったようです。
おっと、予定外。
このままだとペース上がらないので、予定変更して交代しました。
あとはいけるところまで。

ピット出たら先頭集団のお尻が見えたので、必死こいて追い付きました。
↓まだ余裕がある頃。
b0092300_0472389.jpg

去年でた8月の袖ヶ浦エンデューロでは牽く人がいなくて、やたら遅いペースでしたが、今回は強い人がけっこういて、終始いいペースでした。
3分30秒前後で周回を重ねました。
集団は、20人弱くらいでしょうか。
ローテに参加してるのは10人くらい。

登りはペース上がります。
最大で400Wは毎回超えてるので、1回の平均は自分のVO2Maxは超えていたと思われます。
時間は1回30秒にも満たないですが。
1周3分30秒のうち、15秒とか30秒のVO2Maxインターバルを3回くらい。
30周以上したので、100回くらいインターバルしたことになります。
いいトレーニングでした。

↓疲れてきた頃
b0092300_0472589.jpg

先頭付近で、最終ヘアピンでペダルを擦って落車してる人がいました。
残り1時間を切った頃、さらにもう一人が同じように落車。
そこで間が空いてしまい、zouさんもブリッジしてくれて一度は追い付いたのですが、その後力尽きて遅れてしまいました。
元より、すでにきつかったのですが。

切れてペース落ちる一方だったので、急遽ひびきさんに交代してもらいました(^^;
結果的に、だいたい2時間ずつ走りました。

結果…7位でした。
二人とも遅れてしまったのでもっと悪いかと思いきや、意外といい結果でした。

しかし最終ヘアピンは、ドライでもクセがあって難しい。
自分が思ってる以上に自転車倒してるんですね。
そこでペダリングしちゃうから引っかけて落車しちゃうのです。自分も1回擦りましたが(^^;
結局最後まで、最速ラインはよくわかりませんでした。

64周 3:58:37.420
7位/87チーム

おつカレー様でした!
[PR]

  by dajakart | 2014-09-01 23:38 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(2)

7/27 タイムトライアルジャパンStage2 利根川

7月の3レース目、タイムトライアルジャパンStage2 利根川に出てきました。
アルティメットの登録クラス。
コースは埼玉TTと同じで、距離は埼玉TTより短い14.6kmです。
コースは同じといえど、1回の直線距離は短くて、折り返しが4回もあります。

梅雨が明けて、暑さMaxでした。
最高気温は35℃。日陰も全くないコースなので本当に暑くて死にそうでした。
30分だったら途中で気を失って落車してたかも(´Д`)
 
いつもの自転車。(本番はいつものディスクです)
b0092300_15564127.jpg

今回から、バーを変更。
ほぼ真っ直ぐなタイプから、持ち上がってるタイプに換えました。
前のやつだと、上体を引き付けるのに手首が変な角度で痛くなってしまい、イマイチでした。
これなら、自然な角度で持つことができます。
b0092300_15564365.jpg

ファンライドの写真サービス。Facebookにアップしてくれます。
これは、うれしいですね~。
b0092300_15564680.jpg

11:26にスタート。
スタート前に全身に水浴びをしたおかげで、序盤は割と涼しかった。
けど、後半はやっぱり灼熱地獄でした。暑さには弱い方なので、本当に辛かった。。。
風は微風でした。上流に向かう方が追い風。
追い風だと44~45km/hくらい。
向かい風だと40km/hを下回るくらい。
20分だとAvg 41~2km/hくらいいけるかなと思ってましたが、全くもって甘かったです。

これは最後の方かな?
b0092300_15564893.jpg

公式記録は、
20:56
41.82 km/h
でしたが、実際は距離がもっと短かったので、手元計測だと40km/hにわずかに届かないくらいでした。
登録クラスで36位/61人。
なかなか半分より上に行けないなー。
5月の埼玉TTは20kmでほぼ同じ平均速度でした。今回はもっと短いのでもっといけるかと思ったけど、やっぱり暑さにヤラレタ感じです。

以下、手元計測
13.96 km (600mも短い…)
20:53
39.97 km/h
173 bpm
34.3 ℃
でした。

ゴール後、しばらく動けなかった。
さらに、土手を上がるのもつらかったな~。
水浴びしてようやく回復。

今回は、家族同伴で。暑すぎるので応援というわけにはいかなかったけど、息子は水遊びができてよかったです。
b0092300_15572997.jpg

例によって、動画を撮ったのでアップしました。
https://www.youtube.com/watch?v=S8_geotFqHw

次回の袖ヶ浦もエントリーしてます。暑いだろうけど。
一度でもAvg 45km/h超えるとチャンピオン決定戦だとかでエクストラステージがあるようなのですが、袖ヶ浦の10分くらいの距離でもたぶん45は無理だろうなあ。
[PR]

  by dajakart | 2014-07-28 21:29 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(0)

7/20 シマノバイカーズフェスティバル 2hエンデューロ

更新がだいぶ遅れてしまいましたが、出てきました。
去年12月の野田に続いて、2回目のMTBレースです。

シマノバイカーズフェスティバルそのものは、昔ロードの種目で出たことがあります。
ブログを見返すと、2008年でした。もう6年も前かー。
2008年は自転車乗り始めた年です。
いつからか、この大会にロード種目はなくなってしまいました。
ま、ロードの大会なんていくらでもあるから、MTB特化でいいのでしょうね。

今回はXCの2hエンデューロ。土曜日にもあったけど、日曜の方にひびきさんと共にソロにエントリー。
9:45スタートでしたが、試走時間はもっと早くて、試走できず。
アップは、スキー場入口前の坂を2本ほど。
スタート順番は後ろの方になってしまいました。
コースは、高低差30mくらいで1周2km弱。
ゲレンデの登りから林間のテクニカルな下りと登り。再びゲレンデに出て、下り。
そんな感じです。

レース中、アクションカムで動画を撮っていたのですが、後で書きますが禁止だったことを知らず。。。
禁止なので、アップするのもよくないので切り取った写真でコース紹介を(^^;)

スタート直後の登り
b0092300_164969.jpg
林間の下り
b0092300_165537.jpg
林間の登り
b0092300_165911.jpg
ゲレンデ下り
b0092300_165851.jpg
b0092300_164968.jpg

そんなわけで、スタート直後の登りと林間は渋滞でした。
先頭ははるか彼方へ行ってしまいました。

1周目、林間の登りの木の根っこで後輪を滑らせて、足をついてしまいました。
下りもラインがよくわからず、序盤は慎重に。
でも、何周かしたらラインがわかって下りも楽しくなってきました。バンク使うと速く回れることに気づいたり。

順調に走ってると、
「4番の人ピットインしてくださいー!カメラ禁止ですー」
ですと。
えー、知らなかった。(あとでガイド見ると確かに書いてあったが)
ピットインして外しました。
ポケットに入れてもOKとのことなのでポケットに入れて走り出したところ、ピット出口で再び呼び止められる。
やっぱり預かります、ですと。最初に言ってよ~。

その後は淡々と周回を重ねる。
腰がひどく痛くなってきました。ロードでも痛くなるけど、こっちの方がひどい。
後半は腰の痛みとの戦いとなりました。
ロードと違って足を止めると進まないので、疲れます。頻繁に腰を伸ばして、だましだまし走りました。

順位は全くわからず。
速い人には何度か抜かれました。スワコジャージのすごく速い小学生がいたな~。
チームの部のようで、2回くらい抜かれました(´Д`)

残り30分くらいで雨が降ってきました。けっこうな勢いで。まじかよー。
コースは完全ウェット。相当慎重に。
一度だけ、滑ってコースアウト寸前でしたがなんとかリカバー。
泥んこ祭りとなりました。
b0092300_1111343.jpg

結果は6位でした。意外とよくてビックリ!出走は50人ちょい。
ひびきさんは14位でした。

トップとは2周差。次元が違いますねー。
それより、3位とは2分半の差でした。
ピットインさえなければ・・・と思いますが、自分が悪いのでしょうがないですね(´・ω・`)
しかし、シマノは自分ところでカメラ出してるくせに、こんなホビー大会で禁止なんていったいどういうつもりなんだろう。
登録レースならともかく。
自ら、使用機会を狭めてると思います。一般人の口コミの機会も。
あ、シマノのカメラじゃなかったから止められたのかも??(違

レース後は晴れてきました。山の天気だなー。
b0092300_191969.jpg

ちょくちょく近所の山で乗ってるおかげで、少しはテクが向上したかも。
落車なし、足つき1回で済んだし。ま、今回のコースは例年より簡単だったようですが。
しかし軽量ハードテイルMTBがほしくなっちゃうなー。フルサスだし重すぎます。
買えるわけないけど。。。

子供もけっこう走ってました。
ロードと違って速度も遅いしコケても怪我しにくいし、子供と一緒に楽しむのにはMTBいいかも、と思いました。

30.3km
2:03:12
14.8km/h
849m
[PR]

  by dajakart | 2014-07-26 17:44 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(2)

JBCF東日本ロード@修善寺 E3

出てきました。

このレースは2011, 2013に出てるので3回目。
3年前は完走できたけど、去年は6周中5周で足切りだったので、今回は完走が目標。

今回はE3はまたなぜかスタートは15:15という遅い時間でした。
ちょっと出遅れて、到着は14時ちょい前でした。ちょっとバタバタ。
レース前はもっと時間の余裕をもたないとダメですね。
今回は、家族が応援に来てくれました。

今回の自転車。
b0092300_056657.jpg

曇ってて、気温が上がらず助かりました。
アップは、駐車場の周回を20分弱。主に高回転ペダリング等。
15分前くらいにスタート地点に行ったら、すでにみんな集合してました。当たり前か。
今回のE3は160人くらい。
多いなー。年々増えてます。
スタートは、チームメートのA5さんと共にほぼ最後尾となってしました。

スタートのところでわーんって泣いてる子供がいたからどうしたんだろう・・・と思ったら、うちの子でしたw
パパが気づいてくれなくて泣いてたみたいです。ごめんごめん(´・ω・`)

スタートして、なるべく前に上がります。
がんばったけどたぶん半分も上がれてなかったと思われる。
奥の登りで、すでに先頭集団はだいぶ遠い。
それでも周りのハイペースにつられてがんばりました。
1周目のラップタイムは8:45くらい。これはPBです。
先頭は8:15くらいかな?

1周目終了時点の先頭集団
b0092300_056690.jpg

・・・そこからだいぶ遅れてダジャラー選手
b0092300_0567100.jpg

すでに相当苦しいのでやめたい気持ちでいっぱい。まあこれもいつものことですが…。
2周目からは自分のペースで。
同じくらいのペースの人と何度か列車になるも、すぐにバラける。
その繰り返し。

手を振ってる場合ではないけど家族を見つけて手を振るダジャラー選手
b0092300_056852.jpg

このあと、妻と息子はぴょんぴょんしに行きました。
b0092300_05683.jpg

5周目終了時点で、先頭との差は6分弱。
7分で足切りのはずだから、これは厳しいか…と思いつつも、一応がんばりました。

結果…100位で完走!
よかった~!
リザルト見ると7分以上経ってるけど、どうやら9分くらいが基準タイムだった模様。

今回のラップタイム
1 8:45
2 10:07
3 10:16
4 10:33
5 10:11
6 9:51
3年前のラップタイム
1 9:00
2 10:26
3 10:56
4 10:48
5 10:47
6 10:46
3年前はこんなタイムで完走できちゃったのだから、相当レベルが上がってるということですね。
3年前は80人だったし。倍増です。
ちなみに、去年
1 9:02
2 10:43
3 10:45
4 10:50
5 11:10
まあこれは降ろされて当然ですな。

A5さんは7位でした。おしい!
前からスタートしていれば…?(^^;

最後に息子と記念撮影。いつも乗りたがります。
去年はパパと認識してなかったけど、今年は走行中もパパとわかったみたいです。
成長してます(笑)
b0092300_056858.jpg

今回も全く歯が立たなかったけど、目標の完走はできたのはよかった。
少なくとも去年よりは調子は上がってます。
最近インターバルばっかりやって疲れがたまってる感があるので、ここで一休みを取ろう。
秋に向けて、また再起動です。
[PR]

  by dajakart | 2014-07-08 01:08 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE