<   2015年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

4/26 ローラーと近所練と鎌倉天園ハイキング

この間の土曜日は、いつもの子守り日。
公園に行ったあと、息子が昼寝の間にローラーしようと予定してましたが、息子が早く起きてしまったのでローラーできず。

最近急にストライダーに乗り出して、どんどん上手く乗れるようになってます。
楽しいらしく、どこに行くにもストライダー乗ってます。
b0092300_23515788.jpg

MTBばりに乗ってみたり(笑)

日曜日は、朝にまずTTローラー。
その後、息子と遊んで。
息子が昼寝の間に外で自転車乗る許可が下りたので、1時間ほど近所練してきました。
暑い!練習では今年初の半袖半パンでした。
b0092300_23243627.jpg

・鎌倉カントリーTT
4:26 / 335W / 1.1km / 68m
ここでの出力はベスト。タイムは6秒落ち。

・グリーンハイツスプリント
0:33 / 544W / 0.1km / 15m
ここは初めて。ちょっとした登りです。初めてなので距離感がつかめず。

20.2km
0:54:39
22.2km/h
457m
157W

午後になってから、予定していた鎌倉天園ハイキングに行ってきました。
よく近所練している今泉のあたりから、ハイキングコースにIn。
天園を通過して、鎌倉の東に下りてきました。
息子も、おやつで釣りつつもけっこうがんばって歩いてました。
b0092300_23553781.jpg

まあ、大部分はリュックで背負われてましたが(^^;
b0092300_2351574.jpg

息子も大きくなったきたので、こうして背負うのもだいぶしんどくなってきました。

やっぱり山はいいなあ。
都会は嫌いです。

自転車に2回乗って、ハイキングもできて、充実した日曜日でした。
[PR]

  by dajakart | 2015-04-29 17:08 | 自転車:練習 | Trackback | Comments(2)

StagesとPowertapのデータ比較 その2

StagesとPowertapでローラー複数回と実走1回してデータがたまってきたので、また比較です。

前回の傾向としては、
・StagesとPowertapでは、表示されるWはほぼ同じといえそう
ただし自分の場合、
・低出力(200W以下程度)ではStagesの方が高く出ることが多い(10W以上の差)
・200W~300W程度で15min程度だとほぼ同じ
・高出力(300W以上程度)だとPowrtapの方が高く出ることが多い(10W以上の差)
・意識して左右同じになるようにペダリングすると、ほぼ同じ出力になる
ということがわかりました。

以下、追加のローラーのデータ。

■ローラー L4 10min
Stages:247W
Powertap:256W

■ローラー SST 20min
Stages:230W
Powertap:232W

■ローラー 3x(5min+10min): 90%/50% VO2Max
5min 90%*3本
Stages: 281, 274, 269W
Powertap: 282, 281, 283W

■ローラー 4 x ( 5 x ( 30s+30s ):100%/50% VO2Max
5*(30s+30s)の5min平均
Stages:226, 220, 222, 243W
Powertap:232, 220, 229, 254W

■ローラー 20x(30s+30s)): 100%/50% VO2Max
20min平均
Stages:227W
Powertap:238W

■ローラー 3x(5min+3min): 80%/50% VO2Max
5min 80%*3本
Stages: 243,247,256W
Powertap: 252,256,269W

■ローラー L4 20min
Stages: 252W
Powertap: 256W

■ローラー 6x(3min+2min): 85%/50% VO2Max
3min 85%*6本
Stages: 267,264,261,266,261,261W
Powertap: 265,265,265,265,266,267W


あとは、1回だけ外で実走したときのデータ。
海沿いのR134を往復しました。
以下、Stravaのセグメントを適当にピックアップして比較です。
信号がそれなりにあるので、連続して走れるのは最長でも2分程度でした。
それ以上の区間は、信号ストップありです。

■Pacific 134 (21.6km, 41:08)
Stages:202W
Powertap:204W

■Inamura-Yukiai (0.9km, 1:25)
Stages:226W
Powertap:231W

■江の島~茅ヶ崎 (8.2km, 16:14)
Stages:226W
Powertap:229W

■R134 3KTT (2.8km, 5:37)
Stages:209W
Powertap:209W

■Oiso-Enoshima (15.3km, 29:09)
Stages:194W
Powertap:199W

■R134海沿い_平塚-江の島(9.7km, 18:00)
Stages:201W
Powertap:209W

■R134 LongSprint(信号手前まで) (0.9km, 1:22)
Stages:316W
Powertap:327W

■全走行の平均 (65.6km, 2:04:13)
Stages:183W
Powertap:186W


以上から見えることは…
・Stagesの方がやっぱり少し低く出る。恐らく左右差の影響。意識して左右同じ力で踏むと同じくらいになる
・2%程度の差は誤差として目をつむるべきかな
・インターバルの後半になるほど、StagesとPowertapの差が大きくなる。Powertap基準で同じパワーを出していても、Stagesはどんどん下がる。疲れてくると、左足が弱くなるのかも
・ケイデンス平均はいつも90-100くらいで、この範囲だとケイデンス大小の影響による差は見えない。アップで高回転(140rpm,220W前後)で回したときも、差はあまり出なかった。低回転ではあまり乗ってないけど、ケイデンスによる差はあまりなさそう

という感じ。
左にしかセンサーがないのだから、左右差が出てしまうのは仕方ないですね。
その分安いのだから仕方ない。
TT用としては、以上のことを考慮すればペーシングに十分使えます。
ロードレースのようにもっと大きなパワーをかけた場合は、左右差がもっと大きく出てしまいそうな気がしますが…。
それは人次第。
自分の場合、利き脚(右)の影響なのか、数年前の大腿骨骨折(左)の影響なのか、わかりませんが。

ちなみに、左右差を計算してみると…
Stages:316W, Powertap:327W の場合、左対右は48.3:51.7になります。
(Stagesが単純に2倍の計算をしていて、しかもPowertapと計測誤差はないと仮定しての計算)
そう見ると、それほど大きな差ではないのかな?

という感じでした。
StagesとPowertapの差がいつも一定ならいいけど、時と場合によって変わるのは困ります。
まあ仕方ないけど。
ローラーではこれからもPowertap基準にしようかな。
TT本番で使うのが楽しみです。
逆に、パワー表示に惑わされたりして…(^^;
[PR]

  by dajakart | 2015-04-27 23:54 | 自転車:機材 | Trackback | Comments(0)

MTBチューブレスのビード上げ(再)

去年、チューブドのMTBタイヤをチューブレス化しましたが、しばらく乗らないうちにフロントがいつの間にか空気が抜けてました。
チューブレス用リムではないせいか、空気が抜けるイコール、ビードが落ちます。
ガーン( ̄▽ ̄;)
また、あの苦労したビード上げをしないといけないのか…。

ひびきさんがまたコンプレッサーを貸してくれましたが、やっぱり面倒なことには変わりありません。
コンプレッサーうるさいし。

しかし!
ちょうどいいタイミングで、すばらしい「発明」をした方がいました。
この方の記事です。

タイヤをコンプレッサー代わりにするという。安上がりで、場所も取らないし、すごい!
ビード上げに苦労した人ならわかると思いますが、発明といっていいくらい画期的ですね。
さっそく、参考にさせていただいてやってみました。

ホームセンターとモノタロウで購入。
ホースは外径8mm、内径5mmがよいです。
継手は、それに合ったものを。
ホースの長さは、1.5mもあれば十分。
b0092300_0403111.jpg

フレンチバルブは、パンクしたVittoria Crono Evoの。何かに使えるかと思って捨てなかったのが役に立ちました(笑)
せっかくなので、ハサミでチョン切ってみました。
さすが軽量タイヤ、薄いですなー。
b0092300_0403243.jpg

コンプレッサー代わりのタイヤはバルブコアが外れないといけないのですが、外れるのはMTBタイヤではチューブレスの後輪しかなかった。
後輪までビードを落としてしまうわけにはいかないので、仕方なくロードタイヤを使いました。

エアボリュームが足りないかと思ってましたが、大丈夫でした。
エアボリュームよりも、初速が重要でした。
初速を出すために、ロードタイヤでは10barくらい入れておく必要がありました。
10bar入れるのは、何度もやると疲れる。

で、最初はサボって石鹸水をつけてなかったのですが、あと少しのところで上がりきらないので、やっぱり石鹸水を投入!
上がりました。最初からつけとけよって話です。

無事にできました。
b0092300_0403110.jpg

やっと乗れる~♪
来月には王滝なので、久しぶりに乗ろうと思います。
[PR]

  by dajakart | 2015-04-17 20:53 | 自転車:MTB | Trackback | Comments(2)

4/12 2人CB練@ヤビツ

エクストリームヤビ通勤を除いて、今年初めてヤビツに行ってきました。
なかなかヤビツ行けなかったけどようやく。

今回は、今年チームCBに加入したご近所のatsuさんと一緒です。
江の島で待ち合わせ。
ヤビツは8時半くらいに登り始めました。

atsuさん、75kgあるのに登りも力強い。
傾斜が緩くなると更に力強く、ロケットのように遠ざかっていきます。
b0092300_1143451.jpg

傾斜がきつい部分でようやく追い付いて、ゆるいところで離されて…の繰返し。
ここ↓で追い付いて、あとは頂上まで一緒でした。
b0092300_1143592.jpg
b0092300_1143497.jpg
自転車乗りでいっぱいでした。

・コンビニスタート
34:23 / 259W / 10.0km / 633m

後半にたれまくってしまいました。
自分としてもイマイチなタイムだけど、atsuさん強いっす!
計算すると310Wくらい出てますね。
34分310W出せる人はなかなかいないと思います。

今回、アクションカムを借りてきたので自前のと合わせて前後2台で撮影してみました。
こんな感じにマウント。
b0092300_1848.jpg

編集して、1つの動画として再生できるのです。
ヤビツダウンヒル動画をアップしてみました。
b0092300_1143418.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=FIY6vqgxwA8

途中でスーパー7が登場します。
カッコイイな~。ほしい!(ムリ)
キビキビとして、カートみたいな動きしてました。

しかし、GPSで取ってる速度表示がテキトーすぎます。
かなり遅れてるし。
GarminのサイコンでGPSで速度表示したときは正確そうな値が出てるのに、なんでできないんだろ。

帰りの134はローテしつつ、がんばりペースで。
やっぱりatsuさんの平坦は力強い!

デザートに、鎌倉山と鎌倉CCも。

・片瀬山
2:26 / 307W / 0.9km / 42m

・鎌倉山 信号手前まで
1:48 / 312W / 0.6km / 38m

・北鎌倉~今泉の坂
1:23 / 356W / 0.3km / 40m

・鎌倉カントリーTT
5:04 / 293W / 1.1km / 68m

もう、力が出ない~(*_*)

鎌倉CC登りも動画を撮ってみました。
2台のカメラの時間がずれてたのか、前後でだいぶ時間差があります。
b0092300_1143483.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=XBJV0REW6DI

106.6km
4:04:20
26.2km/h
1506m
167W

久しぶりに、階段がつらいくらいになるまで脚パンになれました。
ありがとうございました~!
[PR]

  by dajakart | 2015-04-15 00:02 | 自転車:練習 | Trackback | Comments(2)

StagesとPowertapのデータ比較

ようやくTTバイクに乗り始め、Stages Powerを使い始めたのでデータ比較です。
まだデータ数は少ないですが、自分的傾向が見えてきたのでメモメモ。

ちなみに今回のデータは全てローラーです。
毎回、どちらもスタート前にキャリブレーションしています。
キャリブレーション値はStagesは900前後、Powertapは515前後。
Powertapは、500-524なら正常(±1.5%以内)。Stagesの数値の意味はよくわかりませんが。
サイコンは、Edge510と500を使用。


■L3 15min
Stages: 223W
Powertap: 224W

■5min 全力走
Stages:299W
Powertap:311W

■L4 15min
Stages:247W
Powertap:247W

■L5 2min
Stages:286W
Powertap:311W

というデータが取れました。
この差は、計測精度の差ではなく、単なる左右差かなーという印象です。
Stagesは左のみセンサーなので。

150W以下くらいのゆるいパワー域だと、差が大きくでます。Stagesの方が高い。左の方が強いのかな。
300W以上だと、Powertapの方が高い。高出力を出そうとすると、どうやら右が強くなるらしい。
低出力時も高出力時も、意識して左右均等にしようとすると同じくらいになります。意識しないと無理ですが。

ただ、200-300Wくらいだと意識しなくても左右均等になるようです。
これは一安心。TTではこの領域が一番使うので。
TT本番でも、十分目安として使えそうです。

あと、多くの人のレビューでも指摘されていますが、Stagesはサイコンに表示されるのが遅いです。
Powertapより2-3秒遅れている印象です。
しかしながら、Powertapでは一定で踏んでるつもりでも突然±10Wくらい値が上下するようなことがあるのですが、Stagesはそれがないのがいいところです。

外での実走も含め、もうちょっとデータを集めてみるつもりです。

しかし…相変わらずTTバイクだとパワーが出ない(´Д`)
去年はロードの8%オフくらいだったのが、今年は10%オフです。消費税かよ!w
実は今回、サドルを前進させたりDHバーの間隔を狭めたりハンドル下げたりいろいろセッティング変更してます。
どうやら、バーの間隔を狭めたのが悪そう。
以前より呼吸が苦しくなりました。
ウィギンスなど写真見るとかなり狭いけど、やっぱりああいうフォームが取れるのは一部の人だけなんだなー。

やっぱり広げよう。ハンドルも上げよう。
空力とパワーのバランスはTTバイクのセッティングにおいて最大のテーマだとは思うけど、やっぱり難しい。
もうちょっと、ロードに近いパワーが出せればなー。
[PR]

  by dajakart | 2015-04-13 21:12 | 自転車:機材 | Trackback | Comments(0)

2015 チャレンジサイクルロードレースA-M

登録してから一度も出たことなかったけど、今年、初めて出てみました。

A-E(エリート)とA-M(マスターズ)に出られるけど、Eはプロも出るようなクラス。
1周で降ろされそうな気がするので、迷うことなくMにしました(^^;
Mは35歳以上です。

MはEよりはゆるいはずだけど、過去のリザルトを見ると、今の自分の力では完走できるかどうかギリギリのところ。
完走するのが第一目標でした。

体重は今季最軽量の62kg前半でした。
レース当日は、雨が降ったり止んだりの予報。
結果としては予報通りでした。

スタート時はドライ。
b0092300_135664.jpg

9時過ぎスタートだけど到着が遅れて7時半すぎ。
試走2周くらいでアップ代わりにしよう…と思ってたけど、試走の時間が短くて1周だけでした。
あとで思ったけど、修善寺はいきなりL6とか入るんだからもっとしっかりアップしないとだめだなー。

気温は10℃ちょいで肌寒い感じ。
薄い冬用アンダーに薄い長袖、下は半パンにレッグウォーマでした。

A-Mは出走は35人でした。エントリーは40人以上だったけど、雨予報もあって少なめ。
これくらいの人数だと、並ぶのも平和です。

このレース、ものすごくクラスが多い。ジュニアやアンダーのいろいろクラスと1分間隔でスタートしました。

1周目、まだ余裕あり。
2周目、だんだんきつくなってくる。
3周目、もうダメ…秀峰亭の登りで先頭から遅れました。うーむ、デジャブ。先週と全く同じやないかー!(´Д`)
集団はまだ15人くらいはいる感じ。

ジュニアなど他のクラスの選手が多く、常にコース上に人がいる。
Mの人を探すも、なかなか見つからない。
Mの人3人くらいで列車になりかけるけど、まとまらずに勝手に走ってる感じ。

雨がけっこう降ってきて、路面は完全にウェットになりました。
それほど寒くなかったのが幸い。
新しいPanaracerのタイヤ、ウェットでも不安なくグリップしてくれました。

ギリギリ完走できるかな…と思ってたけど、残り2周に入るところのゴール地点の秀峰亭で降ろされました。
あーあ。
タイムアウト時間は正確には把握してなかったけど、5分くらいでしょうか。

完走は15人。
順位はつかないけど、17番目でした。

今回の自転車
b0092300_135925.jpg

手元計測
28.3km
0:55:28
30.6km/h
862m
?W

以下、ラップタイム。
8:54
9:08
9:48
10:20
10:21

なんか、先週とラップタイム推移が全く同じです( ̄0 ̄;
ま、そりゃそうですね。1週間で急に強くなるわけはなく。
完走するには、千切れてからも10分切るペースで走らないと無理ですね。
まだまだ力不足でした。
ちなみに、Eは序盤は8分台前半だそうな。どんだけー。

Mは特に知り合いもいなくて、午後のレースも遅いのでさささーっと帰りました。
13時くらいに帰宅。
家庭的には、この時間だと平和が保てます(^^;

また来年、完走目指してガンバローっと。
[PR]

  by dajakart | 2015-04-06 21:01 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(0)

最近のローラー等(3/14-4/3)

全然更新してなかった、最近のローラーやジテツーなど。


■3/14(土)
〇Y's横浜まで買い物ライド
34.5km

■3/15(日)
〇房総練

■3/17(火)
〇ジテツー往復 50km

■3/20(金)
〇ジテツー往復 50km

■3/21(土)
○足利練

■3/22(日)
○足利練

■3/23(月)
〇ジテツー往復 50km

■3/24(火)
〇エクストリームヤビ通勤 99km

■3/25(水)
〇ジテツー往復 50km

■3/26(木)
〇機材チェック朝練 17.7km
チューブラータイヤを5年ぶりに換えたので近所を試走。

・鎌倉カントリーTT
4:25 / ?W / 1.1km / 68m
PB更新

〇ジテツー往復 50km


■3/27(金)
〇朝ローラー ダイエット走
25min

■3/28(土)
○JCRC修善寺 EDクラス


■3/30(月)
〇近所で朝練
44km

用事があって会社はAM休。
遅めの朝練しました。
湘南国際に行く予定が、電車が止まってたせいで踏み切りが開かず状態。
足止め&遠回りで時間を食ったためコース変更。
海沿い平坦&鎌倉山周辺にしました。

・片瀬山
2:14 / 346W / 0.9km / 42m
PBから3秒落ち

・鎌倉山 信号手前まで
1:47 / 314W / 0.6km / 38m
信号待ちの車列で止まってダメ。

鎌倉山の桜
b0092300_23545811.jpg

b0092300_23545731.jpg
・山ノ内クライム西側
2:52 / 339W / 1.2km / 51m
PBから6秒落ち

・北鎌倉~今泉の坂
1:12 / 440W / 0.3km / 40m
PBタイ

パワーはたぶんベスト更新してるけどタイムがあまり良くないのは、たぶん絞りきれてないせい…(^^;


■3/31(火)
〇ジテツー往復 50km
最後のジテツー。
最後くらい、鈍重な通勤車ではなく軽快なRitteで。
いつもの通勤路を、パワーかけると進みが全然違いました。
最後なので、坂のセグメントはベスト狙い。

公文学園の坂 ピークまで
1:51 / 381W / 0.7km / 43m
なんと2位。

あとはまったりと。
b0092300_2395342.jpg

帰りも別のセグメントでベスト狙ったけど、重いPC持ってたのでダメでした。


■4/1(水)
〇朝ローラー L5, L6
50min
 17min/WU
 3*(2min+2min): 100%/50% VO2Max
  ⇒ 348,351,349W
 5min/RI
 3*(2min+2min): 90%/50% VO2Max
  ⇒ 318,317,328W
 CD

最初は100% 5min予定が、あまり調子が良くないので2minだけ。そのまま2minインターバルに変更。


■4/2(木)
〇朝ローラー L5, L6
50min
 18min/WU
 5min: 95% VO2Max ➡329W
 10min/RI
 15*(30s+30s): 100%/50% VO2Max
  ⇒ 15min平均271W
 CD

まだまだ、あまり調子が良くないので5minは無理せず95%くらい。
その後、30-30インターバル。


■4/3(金)
〇機材チェック朝練 18.4km
また、レース装備にして近所練。

・鎌倉カントリーTT
4:20 / ?W / 1.1km / 68m
PB更新
先週から5秒更新できました。

・近所の高校坂
2:29 / ?W / 0.8km / 53m
PBから4秒落ち

---------------------------------------------------

3月合計…
53h、1340km
実走は1211km。
うち、ジテツーは800km。

なんと、2/3がジテツーなのでした。
3月でジテツー終了。4月から東京勤務に戻るので、ジテツーできません。
このままだと、月間走行が500kmくらいになってしまう…( ̄0 ̄;

というわけで、4月から毎朝朝練することにしました。
今までより家を出るのは少し遅くてもいいのが幸い。
気力の続く限りは続けたいと思います。
今まで以上に内容を充実させないと…
[PR]

  by dajakart | 2015-04-03 20:51 | 自転車:練習 | Trackback | Comments(0)

Panaracer Race A Evo2 Tubular

5年ぶりに、Boraにつけてたチューブラータイヤを交換しました。

以前使っていたのはGP4000。
ドライ/ウェットのグリップ、耐パンク性、耐久性どれをとっても全く不満はなかったです。
去年のおきなわでも使って全く問題なかったのですが、さすがに5年経つといろいろ不安なのでついに交換です。

次もGP4000で…と思ってたけど、円安のため非常に高いので断念。
そんな今こそ、高性能国産チューブラーだ!というわけで、初めてPanaracer RaceA Evo2チューブラーにしてみました。
クリンチャーはずっとパナRaceA使ってるし。
b0092300_2225799.jpg

RaceAかCか、23か25か少し迷ったけど、そんなに路面悪いところ走るわけでもないのでAの23cです。

とてもはめやすかったです。
力が要らない。
コンチネンタルのCompetitionは泣きそうになったけど。

ただ、GP4000だったかは、はめて空気入れたら自然とセンターが出てたけど、これはそうではなかった。自然にセンターが出ることなく、ちょっと左右均等ではなくなってしまった。
タイヤの腹の白い部分が見えるのが左右均等ではないけど、まあいいか。(誰も見てないw)
b0092300_2225740.jpg

タイヤ換えるだけで、ちょっと雰囲気変わります。

今回もシーラント入れました。
失敗して床にシーラント吹き出したけど…(´Д`)
あ、ちなみに2年くらい前に入れたGP4000のシーラントですが、まだ液体でした。剥がしたらちょっと出てきてしまいました。

JCRC修善寺で使いましたが、クリンチャー同様にしっかりしたグリップでした。やっぱりよく似てる。全く不安なく倒していけました。
ただ、クリンチャーの新品時のようなネバネバ感は少し薄い感じ。
転がり感は普通。良くもなく悪くもなく。
GP4000から特に違和感もなかった。
チューブラーはよく「乗り心地がいい」とか言うけど、鈍いのもありよくわからない。
クリンチャーと同じような感じでした。

そういえばGP4000の前は、空気が抜けまくるラテックスチューブの某有名定番タイヤも使ってましたが、あれはグリップ感がなかったなあ。フワフワしてなんか怖かった。もう昔の話なので今のはどうか知らないですが。
なにもしてないのにスローパンクして、廃棄となったのでした。
同じメーカーのヒルクラ用軽量タイヤも使いましたが、一度剥がしたらバルブのところから空気が漏れるようになってこれも廃棄。
もう、そのメーカーのは二度と使わないと決めました(笑)

ともあれ、これも5年くらいもってくれることを期待しております(*´-`)
[PR]

  by dajakart | 2015-04-03 09:13 | 自転車:機材 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE