<   2015年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

2015 SDA王滝 春

行ってきました。
去年の9月の大会に続き、2回目です。
今回も42kmクラスで。

結果から言うと、半分終わったところのオンロード区間の鋭角コーナーで滑って単独落車、打撲と擦過傷を負うもどうにかゴールして総合10位(30代2位)でした。

以下、自分用メモも含め振り返ります。

今回も、土曜は育児デーなので出発は土曜の夜。
8時半くらいに出発で、休憩含め4時間ちょいで着きました。
圏央道が茅ヶ崎から中央道まで全線開通したおかげで、去年より更に時間短縮。

車中泊で、寝たのは1時前くらい。起きたのは4時。
周りの車のドアが閉まる音でイチイチ目が覚めてしまい、寝たのか寝てないのかよくわからない感じでスッキリせず。
朝の気温は7℃くらいでした。去年の9月と同じくらい。

受付して、準備して、コンビニの冷やしうどん食べて、スタート地点に出発です。
去年はスタート地点に向かうのが遅くなり、かなり後ろの方のスタートになってしまった反省を踏まえ、今回は5時前に会場を出発。
20番くらいに陣取ることができました。

b0092300_2354169.jpg

b0092300_2354074.jpg

今回の装備です。備忘録。
バイク: Lapierre X Control 210
タイヤ: IRC Mibro for Marathon 2.1 Tubeless (2.2bar)
持ち物:
 ・スペアチューブ2本
 ・CO2インフレーター(カセット2本)
 ・パッチセット
 ・タイヤレバー
 ・携帯工具
 ・タイヤブート
 ・チェーンピン、ミッシングリンク
以上はサドルバッグに。
 ・ポンプ(フレーム装着)
 ・アクションカメラx2(ハンドル装着)
 ・ライト(ハンドル装着)
 ・ドリンク(ボトルで700cc弱)
 ・補給食(メイタンCCC2本をフラスクで。あとピットインリキッド2本)
 ・スマホ
 ・レインジャケット(スタート前に脱いだ)
 ・レッグウォーマー(スタート前に脱いだ)
 ・アームウォーマー(途中で脱いだ)

空気圧は前回2.5で高すぎたので下げて2.2bar。もうちょっとだけ下げてもよかったかも。
フロントサスは100psiくらい、リアサスは11barくらい。ボトルは、暑くならなければ1本で十分だけど、まあ何とかなるだろうと思って1本にしました。
ところが途中から天気が良くなって暑くなり、ちょっと水不足気味に。それでも何とかなりました。

会場で軽量化したくなったけど、スタート地点に向かうのが先なので出発したのですが、漕いでる途中でもしたくなってやばかった。
周期的にやってくるアレ。
冷や汗かきながらどうにか到着、幸いにもトイレが空いてたのでギリギリセーフでした。。。
お腹不調(*_*)

今回のコースはこちら。(実走ログより)
b0092300_0343096.png

7時にスタートしました。
前回の秋とは最初の山が逆回りなので、しばらく舗装の登りが続きます。
危険なトンネルも、登りの速度なので問題なくクリア。路面よく見たけど、ありゃ下りなら落車多発しますな。。。
b0092300_23553558.jpg

集団で進みます。序盤は速めのペースだったけど、しばらくしたらペース落ちて楽になりました。ダートの登りに入るまでに、10数人まで絞られました。
b0092300_23555554.jpg

ダートの登りに入って、先頭はペースアップ。こりゃついていけない。
見送って、自分のペースで。
赤のBMCジャージが優勝したザックさんかな。ダート登りに入ってあっという間に見えなくなりました。
b0092300_23555889.jpg

結局、ボルボキャノンデールジャージの人とくっついて頂上まで行きました。6位か7位のパックだったかな。
b0092300_2356175.jpg

同じペースの人と登って思ったのは、やっぱりダートの登りもテクニックが重要だってこと。
大きな石に乗れば当然失速するし、ルーズな石に乗ってペダル1回転分でも後輪が空転すれば、前の人に離される。取り戻すには、その分足を使う。
上手い人は、そういうロスが少ないんだろうな。
登りでも、最適なラインは1本しかない。
ラインをよーく選ぶのも重要ですね。

そして下り。
前回は初めてだったので上手く下れなかったのですが、今回は少しコツをつかんでいい感じに下れるようになりました。
ボルボキャノンデールの人を離すことができました。
更に、登りで先行していた二人をパス。
でも、下りの最後の方で後ろから来た一人に抜かれました。
b0092300_2356355.jpg

この時点で、4位か5位か?よしよし。いい感じです。
下りきって、スタート地点まで戻ってきました。ちょうどレースの半分くらい。
最後に抜かれた人も、すぐ前に見えてます。登りではこっちが先行してたのだから、また登りで追い付けるだろう。

…と思っていた矢先。
↓このコーナーです。
b0092300_2356560.jpg

下りながら左に曲がるコーナー。
十分減速して入ったつもり…でしたが、イン側にパチンコ玉サイズの小石がたくさんあったのでした。
あっ!と思ったときは遅し。
一瞬でフロントが滑って、左半身から落車しました。

けっこう滑ってた気がします。
立ち上がれました。怪我を確認。自転車は大丈夫そう。
痛いけど、折れてはないみたい。よかった。。。
左肘と、左モモに打撲と擦過傷。

すぐに跨がって走り出しましたが、左足が痛い。。。
力が入らない。
すぐに登りが始まったけど、超スローペースでした。
何人も、バシバシ抜かれました。
あーもう、止めようかな。

と思ってたけど、しばらくすると痛みが和らいできて少し踏めるようになったので、とりあえずゴールを目指すことにしました。

そこから先は、秋とは違う未体験のコース。
落車してない時のように元気には走れないので、無理しないペースで走りました。
それでも、落車直後にまとめて何人かに抜かれて以降は、抜かれたのは1人だけだった気がします。
ものすごい絶景ポイントも通った気がするのですが、余裕がないのであまり記憶にない(^^;

残り距離的に、そろそろ最後の下りが現れてもいい頃かな、と思ってたときに現れたのは激坂でした。
あー、これが春の42kmの激坂か。
このタイミングでの登場は萎えます。けっこう長いし。
初めて、フロントトリプルのインナーに落としました。
20kmクラスの人たちは、押して歩いてる人が多数。

そろそろ最後の下りかな…と思ってもまた登りが現れる。
というのを何度も繰り返し。
誰もが突っ込むであろう「42kmクラス 45km地点」の看板も過ぎ。50km看板もありました。
ようやく現れた最後の下りは無難にこなして、ようやくゴールしました。
パレード区間含めて48kmくらいでした。

【結果】
2:42:26
48.4km
1282m
総合10位

総合での入賞も見えていただけに、残念でした。
でも自分のミスなので仕方ない。
秋も同じコーナー通ったけど、そのときはもっと慎重でした。
調子に乗ってしまったようです。
悔い改めないと!

ゴール地点で、治療してもらいました。
左モモが、けっこう皮膚がザックリいってました。
でも打撲と擦過傷だけで本当によかった。
数年前に大腿骨を折ったときとまったく同じ、フロントから滑って為すすべなく左半身を打ち付けた落車だったので。
前回と違うのは、骨ではなく肉で着地したこと(笑)
転び方は少しは上達したのかな(違

左手首も打ったので、翌日はママチャリのハンドルを持つのも辛いくらい痛かった。
けど、レース中はそこは痛みを感じることはなかったのです。
アドレナリンってすごいなー。


最後に。車載動画をアップしました。
固定力の弱いマウントで、ハンドル下にぶら下げてたので下りではブレが多いです。
やっぱりハンドル上用のマウントをもう1個買おうっと。
今回はカメラ2台体制でレース全部撮ろうとしたものの、うっかりミスで2台目のを消してしまいました。。。
なので後半のはナシです。

スタートから、ダートの登りの途中まで
ダートの登り途中から、下り、スタート地点に戻るまで

この最後のシーン直後に落車。
落車シーンは自粛で。。。

また、秋にがんばろう。
[PR]

  by dajakart | 2015-05-27 01:11 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(0)

TTバイクのサドル交換(Prologo ZERO II TT)

過去形ですが、TTバイクのサドルを1ヶ月くらい前に交換しました。
以前は、ISM Adamo Roadでした。
b0092300_013330.jpg
b0092300_013481.jpg

新しいのは、Prologo Zero Ⅱ TT です。
Adamoの不満は、滑りやすいことでした。
しょっちゅう前にずれるので、そのたびにサドル位置を戻さないといけません。けっこうなストレスでした。
あと、ノーズが幅広なので、内股が若干擦れるのも気になっていました。
オマタの圧迫については、不満なし。長時間乗っても問題なかったです。

とにかく滑らなそうで、ノーズがあまり広すぎないサドルを…と探してました。
ボントレガーとか、スペシャのSiteroとか、このPrologoとかヒットしました。
値段と、入手しさすさも重要。
結局、決め手はシクロワイアードの写真集で去年のツールのTTバイク特集でした。
このPrologoのが使用率高かったので。
要するにミーハー的(笑)

サイズの比較。
b0092300_013486.jpg

b0092300_013538.jpg

b0092300_013511.jpg

Adamoがいかに、ノーズが幅広で短いかがわかります。
Prologoに換えて、5cm後退を確保するためにけっこう後ろに移動しました。

交換後はこんな感じ。
b0092300_013640.jpg

b0092300_013310.jpg

1ヶ月程度、ローラーと外練、実戦(埼玉TT)で使った感想。
・ローラーで乗ったときは、乗り始めはオマタが少し痛かった。しばらくするとしびれるのか、大丈夫。
・でも、外で実走のときは特に痛みは出ず。ローラーでは安物レーパン使ってるので、パッドの質の問題もあるかも。
・滑り止め加工は素晴らしい!ほんとに滑りません。ただ、本気で踏むときにDHバーを引いたりしたときにはさすがにずれた。
・Adamoに比べるとノーズが細いので、内股が擦れることはない。これは快適。クルクル回せる気になる。

といったところ。
快適性については、Adamoには劣ります。
でもまあ、2時間も3時間も乗るわけではないので、問題なし。
トライアスロンやるなら、Adamoかな。

[PR]

  by dajakart | 2015-05-19 21:40 | 自転車:機材 | Trackback | Comments(0)

カンパ11sとシマノ11sの互換性

現在、2台あるロードバイクはカンパ11sを使っていて、TTバイクは今年からStagesを使うために11sシマノ化(105)しました。

外練のときはPowertapのついたZipp404を後輪にいつも履くのですが、これをシマノとカンパで使い回すためにPowertapハブのフリーボディを毎回交換する運用にしました。
Powertapのボディは、カセットがついたままでも工具不要で引き抜くだけで外れるし。

GWに嫁さま実家の足利に行ったときはロードとTTの2台を持っていったので、乗りかえる度にフリーボディを交換してました。
しかし、何度か交換してるうち、カンパのボディを入れたところ回転がものすごく渋くなってしまいました。
フリー回転しないくらい。
こりゃ、まともに走れません。。。困った。
もう1本のPowertapホイールにつけると大丈夫なので、Zipp404のハブの方の問題のようです。
でもなぜかシマノボディなら大丈夫。

もてぎのレースの前々日のことでした。こんなんじゃレース出られないなあ。
そういえば、シマノとカンパは11s同士なら互換性がある、と聞いたことがあります。
そこで、やってみました。
カンパ11sのコンポで、リアカセットのみシマノ11s(105)。

b0092300_1133433.jpg

結果としては、全く問題なし!
変速の微調整すら必要なく、そのままで全く問題なく変速しました。
レース前日に軽く走ったときも、問題なし。
もてぎのレース中も問題なし。
ガチャガチャいうこともなかったのです。

逆に、シマノのコンポ(TTバイク)にカンパ11sのリアカセットもやってみましたが、これは調整が必要なのか、全く回転しませんでした。
今回の、カンパのコンポにシマノカセットの場合も、調整せずに使えたのはたまたまかもしれません。
ホイールによっては、微妙にオフセットが違うのもあるし。

ともあれ、カンパユーザにとってはちょっと嬉しい。
カンパのカセットは高いし。
レースで、パンクしたときに貸してもらえるニュートラルサービスのホイールも、シマノのが使えるし。
(そういうレースにはほとんど出ることはないという話もありますがw)

そんなにヒルクライム出るわけではないので重量は気にしてません。
これから買うカセットは安い105でいいか…w
[PR]

  by dajakart | 2015-05-15 09:06 | 自転車:機材 | Trackback | Comments(2)

2015 加須こいのぼり杯(埼玉TT)

毎年恒例の埼玉TT、今年も出てきました。
2010年から、欠かさず出てます。
今年はTTバイク用にStagesも導入し、けっこうTTバイクでローラーも乗って、準備は十分。…のはず。

今回の自転車
b0092300_23321092.jpg

もちろんカメラも装着。
空力を意識して(笑)、この位置にマウントしました。
せいぜい20分ちょいなのでボトルケージもなし。
b0092300_23321066.jpg

7時すぎに到着。
今年は駐車場が変わりました。加須未来館のあたり。
着いてみると駐車場入り待ちで渋滞。
今思うと、このあたりから今回の運営のまずさが出始めてました。

駐車場は草ボーボー。うーむ。
草ボーボーのところにローラー置いて、アップしてました。
今年は、時間に余裕があったので十分なアップができました。

アップが終わって、一度ガーミンの電源オフ。
出走準備して、さあ行こう…としてまたガーミンの電源を入れたけど、Stagesを認識しない。
あれ、さっきまで普通に使ってたのに、このタイミングで電池切れ?

あわてて、さっきまで使ってたPowertapの電池(同じCR2032)と入れ替え。
再度ガーミンも電源オフ、オン。…ダメ。
まさかこのタイミングで、まさかのStages故障???
このために買ったのに!!!ひどすぎる。

Stagesの電池をまた抜いて、完全に電荷を抜くためにすぐには入れずに少し待ってから入れてみました。
祈るような気持ちで、ガーミンでサーチ。
…ようやく認識しました。
いやー、焦った。。。

登録A個人は9時スタート。のはずが、15分遅れですと。
レース進行がそんなに遅れるのってあんまり聞いたことない。

で、スタートしました。
この日は強風。2010年も強風でしたが、同じくらいかな。
今回は14kmで、7km行って帰ってくるコース。
行きが追い風、帰りは向かい風。
ペーシングが難しいコンディションです。

でも、こんなときこそパワーメーターが役に立つはず。
「パワートレーニングバイブル」によると、
・追い風のときはパワーの大小によるタイム差はあまり出ない
・向かい風のときは、パワーの大小で大きなタイム差が出る
とのこと。
言い換えると、追い風でパワー出してがんばってもタイム差は大したことないから、追い風では温存して向かい風でがんばれ、ってことでしょう。

トータルの目標パワーは260Wくらい。調子がよければ20分でそれくらいは出せるはず。

行きは50km/hオーバー。
53x12のトップに入ってました。
あまり飛ばしすぎず、抑えて抑えて。
前半は誰にも抜かれず。後ろは速い人達ばかりだけど、やっぱり追い風だとそれほど大きな差は出ないのか。

折り返して、平均パワーをチラリと見たら260超えてる。
ちょっと出しすぎかも。
(ところが思い違いで、あとでStravaを見ると252W平均でした)

後半は強烈な向かい風。
危うく、30km/hを下回りそうになるw
帰りは長い…
何度か、やめようかと思ったけどなんとか踏ん張る。
パワーは230台に落ちることも。
あー、タレタレ。
最後だけちょっと上げて、ゴール。

14.0km
0:21:23(公式は0:21:21)
Avg 39.2km/h, Max 53.0km/h
Avg 252W, Max 778W

57位/91人でした。
半分いかず。いつもの順位でした。
なんだか進歩がないなあ…(*_*)

平均は、Stravaによると前半も後半もピッタリ252Wでした。
前半260オーバーは思い違いでした。
なんと、ペーシングは完璧!?
いや、本当は後半に頑張るべきだけど。
せめて260くらいは出したかった。


午後はチームTT。
今年は、K川さん、K原さん、ダジャラーの3名です。
個人TTには出ていないK原さんに半分くらい牽いてもらって、残りを2人で分担する作戦。

スタートして、まずはパワーメーターがついてる自分がペースを作る。
300Wを超えるくらい。
速度が安定したら、ローテ開始。

作戦どおり、K原さんがたくさん牽いてくれました。
うまく回っていたと思います。
前で300W超、後ろで200W弱くらい。
後半、前で一瞬失速したあおりでちょっとだけハスりましたが、大丈夫でした。

ほぼ最後まで、3人まとまっていました。

14.0km
0:20:13(公式は0:20:09)
Avg 41.5km/h, Max 55.0km/h
Avg 223W, Max 688W

19位/26チームでした。
ちょっと残念。自分の平均パワーもだいぶ低かった。ちょっとさぼりすぎ?全体的にもう少し上げても良かったのかも。
でも、チームTTは楽しかった!
個人TTは苦しいだけだけど、チームTTは苦しいけど楽しい!


それにしても、やっぱりTTバイクだとロードの10%オフのパワーしか出ません。
ポジションはいろいろいじってみたけど、ダメ。TTポジションだとパワーが出ない体なんだろうな。
栗村さんの本にも書いてあったけど、バッソとかは体重あるのに山も速いから相当パワー出せるのにTTが遅いのは、TTポジションで骨盤が倒れるとパワー出せないのだろう、と。
残念ながら自分もそんな感じなのかな。

リザルトは火曜にようやく出ました。
今回の運営はいろいろひどかったですねー。
今回から運営はリンク東北ですが【※訂正】、リンク東北のブログに理由と謝罪が書いてありました。
ミスはミスでちゃんと認識しているので次は改善してくれるのを期待しますが、ゴール地点がテントとか近くて人通りが多いのは勘弁してください。
危険すぎます。
ちょっと考えたらわかると思うけど。。。
しかし、MCのおねーさんはいい試みだと思います!(笑)
チームでインタビューされたけど、胸元ばかりが気になりました・・・(笑)

【※訂正】
リンク関係者の方からご指摘がありましたが、今回の運営はリンク東北ではなく埼玉車連とのことでした。リンク東北は計測・音響・MCの担当であり、運営の主体は埼玉車連とのこと。
よく調べずに批判してしまい、申し訳ありませんでした。訂正します。
(とはいえ、内情はよく知らない外の人間から見ると、今回はエントリー段階からリンク東北が前面に出ていたこともあり、多くの人がリンク東北が運営していたと思ってるのではないでしょうか)
ともあれ、次回からは教訓を生かしてがんばっていただきたいと思います。

埼玉車連の公式カメラマンの方が、綺麗な写真を撮ってくれていました。
b0092300_040781.jpg

b0092300_040873.jpg

b0092300_040821.jpg

長くなりましたが、最後に車載動画です。
個人TT
チームTT
17:40くらいに、ハスってるのがバッチリ映ってます(笑)
[PR]

  by dajakart | 2015-05-13 09:13 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(2)

2015 もてぎエンデューロGWの車載動画

動画をアップしました。
電池は2時間近くもったようです。

b0092300_237731.jpg

20150505_もてぎエンデューロGW_4hソロ(9:00-9:35)

20150505_もてぎエンデューロGW_4hソロ(9:35-10:10)

20150505_もてぎエンデューロGW_4hソロ(10:10-10:45)

20150505_もてぎエンデューロGW_4hソロ(10:45-10:53)
[PR]

  by dajakart | 2015-05-11 09:18 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(0)

2015 もてぎエンデューロGW 4hソロ

昨年に続き、出てきました。
4hソロのクラスです。

7時前に現地着。
相変わらず駐車場が遠い…(*_*)
受付してから試走兼アップを2周しました。
到着が遅かったので、ピットは満員でした。ま、居ないから別にいいんだけど。

今回は、カート仲間のみやむーも参戦。
みやむーはヒルクライムとかサイクリングイベントは何度も出てるけど、マスドのレースは初めてだそう。
楽しかったと言ってたので、これからレースにもハマっていくでしょう( ̄ー ̄)

今回の自転車
b0092300_2342759.jpg

スタートは9時。
4hクラスと7hクラスは時間差スタートです。去年もそうだったけど、これはいいですね。集団が別々になるので。

去年はロードコースとオーバルを組み合わせたコースだったけど、今回はロードコースのみ。よかった。
ロードコースとオーバルの接続部分で毎回スプリント並のダッシュが必要で、非常にきつかったので…(^^;

スタートは前の方に陣取りました。
序盤は前に100人くらい見える位置でぬくぬく。
時間とともに少しずつ前に上がっていきました。

序盤は曇りで、涼しいくらい。
後半は天気が良くなって暑くなりました。

今回は、動画撮影OKだったので撮ってました。電池がもつ限りのせいぜい1.5hだけですが。
そのうちアップします。
b0092300_23233058.jpg

ラップタイムは、前半は基本的には6分台。
楽ではないけど、なんとかなる範囲。
もてぎも何度も走ってるので、脚を使うところ、使うべきでないところ、うまくサボる走り方などがわかってきました。
なるべく省エネ走行に徹してました。

中盤に、猛烈にペースが上がりました。
このときのラップは6:30。
これはきつかった。
逃げができたようです。
大勢いるフリーダム勢のメンバーが逃げてるようで、他のフリーダム勢がメイン集団の蓋をしてました。
逃げができたことでペースダウン。
これは自分的には助かりました。
きつかったので…(^^;

そこからは、メイン集団の先頭のメンバーはほぼ固定だったような気がします。
招待選手がけっこう牽いてくれました。
招待選手が休んでる間は一般選手がローテ。自分もなんとなくローテに参加。

しばらくすると、最初の逃げは吸収されたようです。
が、落ち着いてからしばらくすると、また数名の逃げが発生。
これが最後まで逃げ切られてしまいました。
ま、自分は集団についてくのでいっぱいいっぱいで何もできなかったけど(^^;

そんな感じでなんとか最後までメイン集団に残れました。
最終ラップ、登りでアタックがかかるもなんとか食らいつく。
そこから、スプリントに向けてなるべく前に上がりました。
3コーナーで、メイン集団の前から4人目くらい。

しかしここで油断して、立ち上がりで前と離れてしまいました。
必死こいて追って、最後の1コーナーまでに追い付きました。
1コーナーを立ち上がり、いい位置からスプリント開始!
…したものの、スプリントする脚はまったく残ってませんでした(T_T)
腰を上げる余力もなく、ずぶずぶと何人も抜かれて終了。。。

結果
15位/600人くらい

逃げが7人、メイン集団は最後は15人だったようです。
その集団の真ん中くらいでした。

168.1km
4:04:40
41.2km/h
1381m
182W(NP 214W, Max 801W)

b0092300_2342768.jpg

メンバーを見ると、当社比よい結果でした。
去年は半分で千切れたわけだし。
ちょっとは成長してるみたいなので、よかったよかった(*´-`)
やっぱり、去年後半からやってる時短トレのインターバルが効いてる気がします。
サーキットのエンデューロも、結局ダッシュの連続でインターバルなので。

みやむーも、無事に完走でよかったよかった。

次のレースは、今週末の埼玉TTです。
今月は王滝もあります。
今月はちょっとレース出すぎで、家庭内で肩身が狭い(´・ω・`)
[PR]

  by dajakart | 2015-05-08 22:23 | 自転車:レースレポート | Trackback | Comments(0)

5/3 渡良瀬TT練、5/4 足利朝サイクリングともてぎ

5/2の夜から、嫁さま実家の足利へ行きました。

まず5/3は、午前中に時間をもらえたのでTTバイクで渡良瀬遊水池へ。
足利から渡良瀬川CRで1時間ほど。

例年、GWの渡良瀬遊水池は人が多いのです。普段の週末はほとんど人がいないのですが。
なるべく早めに行こう、と思ってたものの遅くなり8時発。

渡良瀬川CR
b0092300_2323651.jpg

Stagesと、Powertapのダブルメーターです。
b0092300_2323773.jpg

9時台は、割と人は多いけど1周のうち何度も脚を止めるような混雑ではなかったです。完全クリアとはいかなかったけど。

とりあえず埼玉TTと同じ14kmを走ろう…と思ってたけど、気持ちが続かずに大周回1周でヤメ。

TTジャパンコース
11:01 / 250W / 7.1km / 38.9km/h
Stages:250W
Powertap:249W

うーむ、イマイチ。
このまま帰るのももったいないので、小休止後にJBCFと同じ小周回を1周。

JBCF TTチャンピオンシップコース
8:01 / 265W / 5.4km / 40.7km/h
Stages:264W
Powertap:265W

こっちは割と頑張れました。

どちらも、StagesとPowertapでは平均で1W差。すばらしい。

そうそう、今更ながらサドルを交換してて、交換後初の実走だったので微調整してました。

それにしてもいい天気。
b0092300_2323818.jpg
92.4km
2:55:15
31.6km/h
176m
155W


5/4は、もてぎエンデューロ前日なので軽い朝練のみ。
いくつか山を登ったけど、頑張ったのは馬打峠のみ。

馬打峠
4:30 / 331W / 1.5km / 110m

なんとPB更新!もともとKOM持ってたとこだけど、5秒更新できました。
パワーは20Wくらい上がってるけど…食べ過ぎで体重が2kgも増えてたのでタイムは少しだけアップでした。

他は、がんばらないペースで。
大岩山の展望台で、MTBのダウンヒル装備の人がいました。
これからもう少し担ぎ上げて、一気に下るそう。険しい下りなのでダウンヒルのフル装備じゃないと危ないそうです。
b0092300_1165328.jpg
37.0km
1:29:50
24.7km/h
672m
155W


それから、息子が以前から楽しみにしていたもてぎの「はたらく車まつり」に行きました。
GW中ずっと開催されてるので、当初は翌日のレース日に家族で一緒に行って、レースの間に見ててもらおうと思ってましたが、それよりレースがない日に一緒に行った方がいっぱい楽しめるだろうと、レース前日に行くことにしたのでした。

はたらく車が大好きな子供は大興奮な、すごい充実っぷりでした。
以下の写真は一部だけです。
4時間くらいいたけど、全部見きれないくらいの規模でした。
b0092300_130523.jpg
b0092300_130974.jpg
b0092300_13063.jpg
b0092300_130927.jpg
b0092300_130899.jpg
b0092300_130755.jpg

息子も大興奮。とても楽しんでるようでした。
来年もあったらまた行こう。
レース前日なのに歩き疲れました・・・(@_@;)
[PR]

  by dajakart | 2015-05-07 22:56 | 自転車:練習 | Trackback | Comments(0)

5/1 道志みち練

GW中はいろいろ時間がなくて、ブログ書く時間がなかった。
だいぶ時間が経ってしまったけど、ようやく更新です。

GW谷間の5/1は休みでした。
ひびきさんと道志みちに行ってきました。
房総でもよかったけど、ちょっと飽きた感もあったので(^^;

お互い、なる早で帰るという使命があるので厚木6時出発でした。
自宅からは車で5時発。
朝の宮ヶ瀬湖では13℃くらい。
いい天気で最高のサイクリング日和です。
b0092300_22514081.jpg

ローテして、なるべくペースを落とさずに進みます。
40km近くをほぼ信号ストップなしで走れるのは、神奈川近郊ではここくらいじゃないでしょうか。
いい練習になります。

道の駅でトイレ休憩して、信号から山伏峠までいつものTTしました。
去年10月に来たときは単独で、そこまでにかなり踏んでたのでヘロヘロだったけど、今回は2人いるのでまだ脚は残ってました。
更に、追い風もあったので予想以上にいいタイムでした。

道志みちの駅~山伏トンネル
24:06 / 246W / 8.5km / 382m

5年ぶりにPB更新!\(^^)/
2人&追い風という条件もあったけど、これは嬉しかった。
まあ出力は大したことないけど、こんなもん。
ひびきさんは、勾配が急になる区間でハンガーノック気味に遅れてしまいました。

山中湖を1周しました。
完全クリアな富士山。
b0092300_22514264.jpg

ひびきさんはやはりハンガーノックのようで、コンビニで大量補給するも供給が間に合わなかったようで帰りは脚つりのオマケつきでした(^^;

12時半に厚木着。
ほぼ予定通りで、家庭的にも平和が保てました。

140.9km
4:57:20
28.4km/h
2224m
194, 172W(途中で間違ってSaveしちゃったので2分割)
[PR]

  by dajakart | 2015-05-07 09:21 | 自転車:練習 | Trackback | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE