Canyon号をシマノ化しました

TTバイクのCanyon号ををシマノ化しました。

2台のロードとTTバイクは全てカンパでしたが、このたびTTバイクだけシマノ化しました。
理由は、TTバイクにStages Powerを導入するため。
いろいろ悩んでましたが、結局はこれが一番安上がりで、確実そうなので。

以前の状態。全部、カンパのAthenaでした。
b0092300_22364873.jpg

クランクと、FD, RDは105。クランクは53/39の172.5mm。
シフターはシマノ11sのSL-BSR1。
ブレーキレバーとキャリパーは、TTハンドル用のはシフターと独立しているので、カンパのまま。
b0092300_22385233.jpg

105クランクの見た目は格好いいと思ったことはないけど(笑)、このフレームに真っ黒クランクも悪くないかも。
b0092300_22385662.jpg

時間がなくて長らく放置してましたが、ようやく完成。
息子も、久々にTTバイクで練習です(笑)
b0092300_22385910.jpg

シマノは昔使ってたので組むのは初めてではないですが、しかしまあ、取説の不親切なこと。
バーエンドシフターのSL-BSR1は特に苦労しました。
まず、右と左がよくわかんない。しばし悩んでしまいました。シフター本体にLとRくらい書いといてくれないかな。取説見てもよくわかんないし。
取説(DMの方)には、こんな例が書いてあるし…
b0092300_2311317.png

b0092300_2311149.png

これをドロップバーエンドにつけて使う人って、すごくレアなのでは・・・??
それを例に使うのはどうかと。。。

あと、カンパのバーエンドシフターは一体構造で、中のワッシャーとかスペーサーがバラバラになることはないのですが、シマノのはバラバラになってしまいます。
最初は組まれてるのでいいのですが、うっかり落としてしまうとバラバラになって大変。
案の定落としてバラバラになってしまい、元に戻すのに苦労しました。
取説(UM, DM)に分解図ないし…(*_*)
それくらい書いといてよ~!
適当に組んだので合ってるか不安ですが、とりあえず動いてるので大丈夫そうです。

それと、SL-BSR1のフロント用はフリクション式なのですね。
インデックス式と思い込んで、どうもカチカチ言わなくておかしいな~?スペーサー入れる位置違うのかな~?としばし悩んでしまいました(^^ゞ

他のシマノのパーツの取説見ても、箱に入ってるユーザーズマニュアル(UM)には万が一の際の訴訟対策的な文言ばかりで、ほとんど有益な情報がない。
ネット上のディーラーズマニュアル(DM)も不親切。
カンパの場合は、箱に入ってるマニュアルだけで組めるのになー。それがコスト高の一因にもなってるのかもしれないけど。
とまあ、文句ばかりになってしまいましたがシマノはとにかく安くていいですね。
今回の105化で、5万かからず済みました。

あ、肝心のStages Powerはまだです。
1月下旬に注文したのですが、105の172.5は3月になるとのこと。
ま、4月に使えるようになればいいので、気長に待つことにしよう。
[PR]

  by dajakart | 2015-03-06 00:18 | 自転車:Canyon Speedmax | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://dajakart.exblog.jp/tb/24193169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひびき at 2015-03-06 22:25 x
お、ようやく動き出したね~。全然関係ないけど、5800ってチェーンリングの裏側にゴミが溜まりそうじゃない?(^^;
Commented by dajakart at 2015-03-06 23:46
ひびきさん:
あ~そうそう!なんか凸凹してますよね。
掃除がめんどくさそう…(^^;
シマノは4アームになってかっこよくなりましたが、カンパの4アームは個人的にはだいぶダサい感じに見えて残念です。

<< 最近のローラー等(2/28-3/6) アクションカムの電源が落ちる問題 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE